保険診療の質を高めながら、治療時間を短縮できる「高速診療・実習セミナー(先着14名)」が遂に公開!

「先生が、目指す歯科医院はどっちですか?」

A.患者さんへ、しつこく自費を提案し続け、年商1億円を突破する歯科医院

B.患者さんに感謝されながら、保険診療メインで年商1億円を突破する歯科医院

もし、先生が、「Bの方がいい」と思われたならば、今回のお話は重要です。

なぜなら、自費診療をムリして提案しなくても、保険診療メインで医業収入アップができる、
ライバル医院にはマネできない治療技術を、この手紙でお伝えするからです。

先生も今回の治療技術を習得し、地域の皆さまから
「あそこの歯医者はすごい!」とウワサされ、選ばれ続ける存在になりませんか?

(株)プログレスアカデミー 畠裕悟


他の先進国に比べて、治療単価は約10分の1…

もしかすると、先生もご存じかもしれません。

日本の歯科医院における保険診療は、他の先進国に比べて、
治療単価は約10分の1しかありません。

つまり、どれだけ先生が、低価格で良い治療をしたくても、それが叶わない現状があるのです。

実際、現在の歯科における保険制度では、
7時間で錆びる銀合金のメタルコアを入れざるを得ない状況があります。

しかし、このような歯科における保険診療の限界について、患者さんは知りません。

患者さんの多くが、保険診療で、ある程度の治療が受けられると信じています。

もちろん、保険で、ある程度の治療が受けられるケースもありますが、保険の義歯や、
もろもろの補綴等、自費治療を選んだ方が、明らかに良いケースもありますよね。

また、患者さんへ、より良い治療を提供するだけではなく、
医院の経営においても、自費率をアップさせることは重要です。

歯科医院数が増え続け、保険点数の改善が見られない今、
保険診療だけを取り扱っていては、この先の経営が不安です。

「でも、自費診療の成約は難しい…」

このように悩まれているのは先生だけではありません。

歯科不況が叫ばれて数年が経ち、
どの医院もインプラントなどの自費診療を取り入れるようになりました。

しかし、どれだけ技術を磨いても、自費診療の成約が増えるわけではありません。

なぜなら、患者さんの多くが、いまだに歯科は保険診療があたり前と思っているから。

また、金銭的な問題を抱え、自費診療を申し込みたくても、
申し込めない患者さんたちも、たくさんいらっしゃいます。

そして何より、自費診療は料金が高いため、患者さんへの提案が難しい…。

自費率が高まれば、医院の収益は確実にアップします。

しかし、これからも新しい医院は増え続け、先生のライバル院はさらに増え続けるでしょう。

このような中、思うように成約できない自費診療の受療率アップを目指すだけで、
本当に、医院の未来は安全と言えるでしょうか?

もし、今の時点で、先生の医院の自費率が思うようにアップしていないのであれば?

先生が、この先、収益を確保し続け、安心し続けるためには、
3つのポイントを満たす必要があります。

生き残りがますます激しくなる歯科業界で、安定した収益を維持するための3つのポイント

ポイント1 「地域の患者さんに選ばれる医院になる」

あの歯科医院はいつも予約が埋まっているのに、
100メートル離れた歯科医院は、いつも予約がガラガラ…

このような現象は、どの地域でもあることです。

つまり、どれだけ、同じ地域に歯科医院が増えたとしても、
地元の患者さんから選ばれる歯科医院は限られるということ…

先生がこの先、収益を安定させるためには、
地域の患者さんから選ばれる医院になる必要があります。

地域の患者さんから、「先生のところが一番」と思ってもらえるよう、
他院との差別化に成功しなければなりません。

もし、先生の医院が地域で評判の医院になれば?

クチコミや紹介で遠方からも、患者さんが来院してくれるようにもなります。

自費率が低くても、予約が埋まり続ける歯科医院に不況は関係ありません。

ポイント2 「1日に対応できる患者数を増やす」

低い自費率で経営を安定させようと思えば?

1日に対応できる保険診療の患者数を増やす必要があります。

勤務医やチェアーを増やせば、回転率を高めることもできるでしょう。

しかし、それでは、コストが上がり利益が少なくなりますよね。

また、「朝8時から夜10時まで診療」というように診療時間を長くする方法もありますが、
これも維持費がかかるだけではなく、スタッフのモチベーション低下にも繋がります。

さらに、先生自身も、体がもたなくなるでしょう。

つまり、コストをかけず、体に負担をかけることなく、1日に対応できる患者数を増やすなら?

患者さん一人にかかる治療時間をなるべく短縮化する必要があります。

もちろん、治療の質を落とすことなく、治療時間を短縮することがポイントです。

ポイント3 「売り込まずに自費を成約できる仕組みを作る」

どれだけ提案しても、自費診療が成約しないのであれば?

患者さんから、自費を申し込んでくる仕組みを作る戦略にシフトすべきです。

「そんなうまい話があるのか?」

と思われたかもしれませんが、これは、いたって現実的な戦略です。

実は、自費率の高い医院は、積極的に提案をする医院と、
提案せずとも、患者さんから申し込む医院に分かれることをご存じでしょうか?

そして、後者の場合は、「何かあったら、あの先生に相談しよう」と
思われるほど、患者さんから絶対の信頼を得ている傾向があります。

つまり、既存患者の一人がインプラントに興味を持ち、
治療を受けるかどうかを悩んだとしましょう。

そのとき、まっさきに、先生のもとへ相談に訪れるような信頼関係があるかどうかが大切です。

なぜなら、相談にきた時点で、患者さんは、「インプラントをやってみたい」と思っており、
先生は、患者さんの背中を、そっと押すだけでインプラントを成約できるのですから。

つまり、生き残りがますます激しくなる歯科業界で、
先生が、安定した収益を得続けるには、以下の3つを満たす必要があります。

1.地域の患者さんに選ばれる医院になること
2.1日に対応できる患者数を増やす
3.自費診療を売り込まずに成約できる仕組みを作ること

「でもいったい、どうやってこの3つを満たせば良いのか?」

と思われたなら幸いです。

今回、この3つを満たすためのノウハウをお伝えするからです。

保険診療で収益の基盤を固め、売り込むことなく自費診療受療率を高め、年商1億円を叩きだす方法

結論から申し上げましょう。

今回、ご紹介する「高速診療」を取り入れれば、無理して自費率を高めることなく、
地域から選ばれる医院となり、増患・増収に成功できます。

なぜなら、「高速診療」を取り入れれば、今よりもたくさんの患者さんへ、
レベルの高い治療を保険で提供でき、患者満足度と医院の評価が高まるから。

その結果、しつこく売り込まずとも、自費の申し込みも増やせます。

この「高速診療」は、東先生の医院で実践されている、効果実証済みのノウハウです。

東先生は、見渡せば田んぼしかない、熊本の田舎街で開業しているにもかかわらず、
「高速診療」を実践し、ドクター1人で、年商1億円達成の実績をお持ちです。

ひがし歯科医院 院長 東 正也 先生

東 正也

1人でも多くの患者さんに、安価でレベルの高い治療をしたいという想いを抱き「高速診療」を開発する。

そのノウハウは、保団連全国大会など数多くの歯科医師向けセミナーで発表され、多くの歯科医師に影響を与える。

また、高速診療を取り入れることで、ドクター1人、周りに民家のない田舎でも、年商1億円。ドクター2人で年商1,4億円、自費率53%などの実績を出すことに成功している。


勤務医時代の苦い体験が、高速診療を生み出しました…

「卒後の2年間は、とても、悔しくて、情けない思いを経験しました」

東先生は、卒後の2年間を振り返り、こうおっしゃいました。

卒後の東先生は、患者さんのことを想い、安価でなるべく良い治療がしたいと思っていました。

しかし、保険の枠組み上、できることに限りのある現実がそこにありました。

また、現場で経験した、「保険だから、これでいいんだよ」という風潮…

東先生は、この現状に、どうしても我慢ができませんでした。

そして、東先生は、卒後3年目から、新たに勤務することになった
医院の先生方の協力を得て、現在の高速診療を開発するチャンスを掴むのです。

その医院は、年中無休で、夜9時まで診療をしている医院でした。

しかし、東先生はその医院で、1日60~80人を診療する日々を送りながら、
思い描いていた、高速診療を完成させていきます。

そして、独立してから、東先生は高速診療を本格的に実践し、
ドクター1人、立地最悪の条件で、年商1億を達成されるのです。

患者さん、スタッフ、ドクターがメリットを得られる「高速診療」とは?…

「高速診療」と聞いて、勘違いをされる先生もおられるかもしれません。

それは、保険診療の治療を雑に、すばやくこなして、
1日に対応できる患者数を増やしましょう、といった勘違いです。

高速診療は、このような粗悪な診療を展開するノウハウではありません。

むしろ逆です。

高速診療とは、1人でも多くの患者さんへ、質の高い保険診療を短時間で提供し、
患者さん満足を高め、スタッフと先生のやりがいを高め、収益をアップさせる方法です。

つまり、1人でも多くの患者さんへ、より良い治療を提供するためのノウハウです。

もともと、「高速診療」は、東先生が、1人でも多くの患者さんへ、
より良い保険診療を提供するために開発されたノウハウなのです。

もし、先生が、高速診療の治療技術を使いこなせるようになったら…

先生の医院は、地域の患者さんに選ばれる医院になります…

その理由は、治療内容で、他院と差別化できるようになるから。

例えば、A歯科医院では、平均して待ち時間に15分、治療時間に20分かかるとします。

そして、近隣のB歯科医院では、待ち時間5分、治療時間10分が平均だとします。

さらに、B歯科医院の方が、治療結果が良いとします。

この場合、「あの歯科医院、腕が抜群だよね」と、
患者さんから思ってもらえる歯科医院はどちらでしょうか?

患者さんにとって通いやすい医院はどちらでしょうか?

言うまでもなく、B歯科医院になりますよね。

人間であれば誰もが、「短い時間でよりより結果を得たい」という欲求を強く持ちます。

だからこそ、患者さんの多くが、なるべく短時間で治療を終わり、
かつ、優れた治療結果が得られることに魅力を感じます。

つまり、今回の治療技術を手に入れ、治療の質を高めながら、治療時間を短縮できるように
なれば、先生は、患者さんへ、他院にはない感動を与え、地域からの評価が高まります。

さらに、「腕の良い歯科医院」として、地域の患者さんに認知してもらえれば、
クチコミや紹介で、遠方からの来院も増えます。

重要なことなので、もう一度お伝えしますが、
自費率が低くても、予約が埋まり続ける歯科医院に不況はありません。

さらに、今回の治療技術を取り入れると…

1日に対応できる患者数を増やせます…

しかも、チェアーや勤務医を増やさず、診療時間を長くすることなく。

その理由は、東先生の高速診療は、医院で頻繁に取り扱う治療について、
治療の質を高めながら、治療時間を大幅に短縮できる治療技術があるからです。

例えば、東先生の治療手段でメタルコアをセットすれば、
FCKの形成は、約1分で完了します。

それなのに、通常、保険の補綴物の寿命は平均7、8年と言われていますが、
東先生の医院では、15年近く保っている患者さんがほとんどとおっしゃいます。

さらに、メタルコアの除去に関しては、
15,000円の鉗子を使うことにより、たった3分で処置を成功させます。

東先生の高速診療には、他にも…

  • In形成
  • FCK形成
  • 補綴物調整
  • 抜髄
  • メタルコア形成
  • メタルコア調整
  • TEK
  • 残根抜歯
  • 半埋伏抜歯
  • 埋伏抜歯
  • 小帯切除

など、様々な処置で、治療の質を高めながら、治療時間を短縮する技術があります。

また、東先生の高速診療を取り入れると…

売り込まなくても、自費診療の申し込みが増えます…

高速診療を取り入れている東先生は、売り込まずに自費率53%を達成されています。

その理由は、クオリティの高い保険診療を高速で処置することにより、患者満足度を高め、
腕の良い歯科医師として、多くの患者さんから厚い信頼を得ているから。

例えば、既存の患者さんが、何かをきっかけにインプラントに興味を持ったとき、
その患者さんは、まっさきに、東先生のもとへ相談にやってきます。

つまり、「インプラントを申し込みたい」という相談にやってくるので、
しつこく提案しなくても、その場で自費診療のお申し込みがいただけます。

もし、先生が、高速診療を取り入れ、患者さんから厚い信頼を得られるようになれば?

東先生と同じように、売り込まずに自費の受療率をアップできます。

「では、具体的に、どのような治療に取り組めば良いのか?」
と思われたなら、今からのお話は重要です。

以前、当社のグループ会社である(株)医療情報研究所から、
東先生の高速診療が学べるDVD教材が、2作品リリースされました。

「とても、ためになった」
「保険診療に対する考え方が変わった」
「経験の浅い勤務医にも教えたくなる内容だった」

など、予想以上の反響をいただけたと、話を聞いております。

しかし、同時に以下のような要望もたくさんあったそうです。

「DVDの内容はよくわかったが、自分の理解は正しいだろうか?」
「東先生の実習とかあれば、教えてもらいたいのだが…」

今回、このようなご要望にお応えするためにも、東先生を講師にむかえ、
高速診療の実習セミナーを開催させていただくことになりました。

今回のセミナーは、東先生の医院で実施されます。

一般のセミナー会場では、チェアーはありません。

しかし、東先生の医院で実施される今回の実習セミナーは、
合計7台のチェアーを使い、実習が受けられるため、具体的な技術が身に付きます。

つまり、一般のセミナーでは体験できない、
実際の現場と同じ環境で実習を受け、より実践的な技術が学べるということ。

今回の実習セミナーで先生が習得できる高速診療は、難しい内容ではありません。

もちろん、先生にとって新しい技術に思える内容もありますが、その多くは、
既存の治療のクオリティを落とすことなく、徹底して効率化した技術といえるでしょう。

つまり、2日間の実習を通して、高速診療を実現するための斬新なアイデア、ノウハウを
得ることで、先生は、セミナー翌日の診療から、自信をもって高速診療を実施できるのです。

では、今回の実習セミナーで、具体的にどのような治療技術が習得できるかというと…

自費率が思うようにアップしない歯科医院が、この先ずっと、経営を安定させる方法

■講義編

まずは、高品質な保険診療を手際よく行うための治療技術について講義があります。この講義で得られる新たなアイデア、ノウハウを実践するだけで、先生は、他院よりも短時間で、クオリティの高い保険診療が実践できるようになります。

  • CR隣接面形成
  • In形成
  • 抜髄
  • 抜歯 ①分離鉗子による抜歯
  • 抜歯 ②残根抜歯
  • 抜歯 ③半埋伏抜歯
  • 抜歯 ④歯冠削合
  • 補綴 ①メタルコア除去・形成・調整
  • 補綴 ②FCK形成・調整
  • 補綴 ③ブリッジ形成
  • 補綴 ④TEK(シェルテック・他)

■実技編

今回のセミナーにおける、メインとなりますが、東先生の医院にあるチェアーを使いながら、高速診療の具体的な治療技術を、実習形式で習得していただきます。チェアーは合計7台。チェアー1台につき、歯科医師2名のペアで実習していただきます。ですから、実習中、先生に暇な時間はありませんが、歯科医師側、患者側の両側から高速診療を経験できることも、大きなメリットです。

  • 抜髄
  • 残根抜歯
  • 半埋伏抜歯
  • メタルコア調整
  • FCK・ブリッジ形成
  • TEK(シェルテック・他)

もう、自費率がアップしなくても悩まない!

このまま、自費率が思うようにアップせず、試行錯誤を続けるのか?

それとも、患者さんに喜ばれながら、安定した医院経営を続けるのか?

先生は、どちらを選びますか?

今後の歯科業界はさらに厳しくなり、多くの歯科医院が、
自費診療の導入に、より積極的になることが予測できます。

つまり、ライバル医院との競争が、さらに激しくなるということ。

もし、先生が、自費診療をたくさん成約できる自信がおありならば、
今回のセミナーは、無視していただいてかまいません。

しかし、もし、先生が思うように自費診療を成約できていないとお考えなら?

または、自費診療の導入に控えめなら?

今回のセミナーで習得できる高速診療は、そんな先生が、
この先、安定した医院経営を続けるうえで、とても強力な武器となります。

短時間で優れた治療結果がだせると、患者さんは本当に喜びます。

「先生、本当にありがとうございます!」といった、感謝の言葉は、
先生にとって、何にも代えがたいやりがいであり、勲章ですよね。

さらに、どこよりも短い時間で、クオリティの高い保険診療が提供できるようになれば、
他院との差別化にもなりますし、患者さんからの評価は自然とあがり、
紹介やクチコミで、新規患者さんが集まり続けます。

また、その技術力が信頼され、セラミック治療やインプラントなどの自費成約にも繋がります。

実際、東先生の医院は、人口の少ない田舎町で開業されていますが、
毎日たくさんの予約が入り、自費の成約も順調とうかがっております。

もし、先生が

  • 保険診療収入の増加
  • 自費診療収入の増加
  • 増患・増収
  • リコール率アップ
  • キャンセル率、中断率の低下
  • 競合増加に左右されない、頑丈な経営基盤
  • 年間医業収入の右肩上がり成長

を一度でも求めたことがあるならば、ぜひ、今回の実習にお越しください。

そして、高速診療を取り扱い、患者さん満足度を高めながら、
やりがいを高めながら、以下の結果を手に入れませんか?

  • 質を落とさず、1日に診療できる患者数が増え収益アップ
  • 患者満足度と医院の印象アップし、地域で一番人気の歯科医院に!
  • その結果、紹介やクチコミで新患が増加
  • 患者さんとの信頼関係アップ
  • 売り込まずに自費率アップ

また、今回の実習セミナーにご参加いただいた先生は…

セミナー受講後も東先生のサポートが受けられます…

今回のセミナーお申し込みいただいた先生は、
東先生から30日間のFAXサポートが受けられます。

ですから、万が一、セミナーで学んだことを実践する中で、
わからない点や不安に思う点が出てきても安心です。

今回のサポートで東先生から得られるアドバイスは、
ドクター1人で年商1億を達成するうえで欠かせなかった、再現性の高いテクニックです。

保険診療にこだわり続け、これまで多くの患者さんを感動させてきた東先生が、
先生の良き相談者となってくれるのです。

この先の医院経営を考えると、これほど心強いことはありませんよね。

参加費用は、本気の先生ならば、誰もが、お申し込みいただける価格となります…

当社は、これまで、数多くの歯科医師向けセミナーを開催してきました。

その観点から見て、今回の実習セミナーは、
2日間で参加費20万円以上の価値があると考えています。

これは、決して高くも安くもない、客観的な適正価格だと考えます。

実際、補綴系実習セミナーの場合、
1回あたり8万円するものは、決して珍しくありません。

また、今回の実習セミナーは、一般的な実習セミナーとは違い、
東先生の医院にて、チェアーを使って行われます。

ですから、一般的な補綴系の実習セミナーと
同じレベルの料金に設定するのが妥当と言えるでしょう。

もし、先生が、今回の実習セミナーで高速診療を学べば、
大げさな話ではなく、明日から、臨床結果を変えることが可能です。

今後、保険診療をメインに安定経営を目指す先生であれば
本当に、価値がある実習セミナーです。

今、この内容をお読みの先生だけが、
他院と差別化できる治療技術を特別価格にて手に入れられるのです。

ただし、先生は、今回の実習セミナーへご参加いただけないかもしれません…

今回のセミナーは実習付きです。

実習では、質の高い保険診療を、ハイスピードで完了させるための具体的な治療技術を、
東生から直接、指導を受けられますが、実習の質を落とさないためにも、
セミナーは、少人数制にする必要があります。

また、会場のチェアーも合計7台しかありませんので、これ以上の増枠はできません。

ですから、今回の実習セミナーへご参加いただけるのは、先着14名様のみとなります。

今回のご案内は、先生を含めて、約5,000名の歯科医師へお送りしております。

ご参加いただけるのは、先着順となりますので、お申し込みはお急ぎください。

「高速診療 実践アカデミー」

■ 場所
ひがし歯科医院
医療法人 ひがし歯科医院
〒861-3102
熊本県上益城郡嘉島町下六嘉1878-3

<アクセス>
JR熊本駅からタクシーで東南へ約20分
※秋津レークタウン市営団地前、ファミリーマートの横です。
■ 地図
■ タイムテーブル
■1日目
12:00 受付
13:00 高速診療理論
     ・CR隣接面形成
     ・In形成
     ・抜髄
     ・抜歯 ①分離鉗子による抜歯
         ②残根抜歯
         ③半埋伏抜歯
         ④歯冠削合
     ・補綴 ①メタルコア除去・形成・調整
         ②FCK形成・調整
         ③ブリッジ形成
         ④TEK(シェルテック・他)
19:00 初日終了
19:30 懇親会(費用は別途必要となります)

■2日目
10:00 高速診療実技
     ・抜髄
     ・残根抜歯
     ・半埋伏抜歯
     ・メタルコア調整
     ・FCK・ブリッジ形成
     ・TEK(シェルテック・他)
12:00 昼食(※昼食はご用意します)
13:00 高速診療実技
16:00 閉会

まずは、高速診療を手に入れた先生のご感想です

机上の空論だけでなく、即臨床実施に生かせるセミナーと期待し、遠方からでしたが、参加させていただきまして満足度120%でした。セミナー、実習だけでなく懇親会で薬師の先生や他の参加された先生方と様々な悩み、気付き、学びを共有でき、臨床医として人間として大切なことを経験できてとても有意義でした。ありがとうございました。ぜひ機会をみつけて、また、参加させていただきたく存じます。

S.A先生


ハツズイスピードアップをはじめ、コア除去、TEK、EXTなど、臨床にすぐに生かせる技が楽しく学べてとても有意義でした。ありがとうございました。臨床の高速テクニックに感動し、医院の運営の仕方に感嘆し、東先生の生き方に驚愕し、色々なヒントをいただいて、とても楽しく有意義な2日間でした。本当にありがとうございました。また良い企画があれば、ぜひご紹介ください。よろしくお願いいたします。

J.O先生


「例えば40年間、健康な状態を維持させてハッピーな人生にするための治療をするということでいいですか?」と治療の始めに約束させることが大事だと思いました。既に待合室に同じような内容が貼ってありますが、今ひとつ治療の内容(徹底した治療)がハッピーと繋がらない様子なので、その治療がハッピーにつながることをアピールしていくことが大切だと思いました。あと結局、自己流に近い間違ったことを直すことがスムーズな治療に繋がるのだとつくづく思いました。改善していきたいです。

M.K先生


どうやったら効果的にスムーズに診療できるか? 効果的かつ安全な診療、無駄なことはしない。

牛尾 暢宏先生


患者さんとの対応に関して新たな気付きが多くありました。歯科に携わるすべての人が幸せになれるよう、バランスを取りながら努力していく勇気をいただきました。

J.T先生


診療スピードが遅く、診られる患者数が少なかった。このセミナーを受講して何もしていない時間を少しでも少なくすることで、多くの処置、患者数をこなせるようにしたい。

T.K先生


メタルコア除去方法(なるべく大きいバーを使う診療の効率化)、勤務医の確保についてと勤務医を迎え入れるための心構え、分離鉗子の使い方。

S.H先生


患者さんにとって貢献すること、味方になることを目指して、高速で質の高い治療を提供するノウハウをとても細かいところまで講演していただけて、大変ためになりました。ありがとうございました。

松元 教貢先生


自分の手技のロスタイムが良く分かりました。ポジショニング、コアの調整など、コアの除去は時間が掛かっている要素が分かりましたので、実践してみようと思います。

川津 充生先生


スタッフとの関係構築に悩んでいたところ、ご指導を賜り、ありがとうございました。明日からの診療に役立つ器具等はすぐに購入したいと思います。

藤島 輝幸先生


ブランディングの徹底、およびスタッフの意識、手技の向上。

鹿瀬 直樹先生


技術はもちろんのこと、院長の理念をスタッフ、患者さんに浸透させることに努力を惜しまない。患者さんに医院のコンセプトをよく理解していただき、ファンにしてしまうように明日から取り組んでいきたいと思います。色々見させていただきありがとうございます。

T.K先生


今後何が必要か、方向性が自分の中で決まっていくのを感じました。1人で向上していかないといけない点、他の人の力を借りていかないといけない点が明確に分かりました。

H.F先生


今までできないことについて、上手にやりたいと思っていた実技に対する回答が見つかり、非常に満足しています。CRの隣接面の充填は苦手だったので、今回の講習会を機に実践に役立てたいと思います。

K.W先生


基本ができていなかったので、基本から学ばせていただきました。途中の質問にも気軽に答えてくださり、先生ご自身の医院か会場で、器具や作成された資料などの情報を惜しみなく提供していただきました。先生のお人柄がふんだんに反映されたすてきな2日間でした。ありがとうございました。

Y.I先生


基本をあやふやにしていたところもあったので、今回、ひと通りの復習と効率よく診断するための技術を習得できてよかったです。また、自分ができていなかったところが正確になったので、今後は、今回の技術を生かした患者さんのための診療を心がけていきたいと思いました。形成等、ほんのちょっとの工夫で大分変わるので、驚いています。2日間でこの充実した内容は本当にお得だったので、内容が異なるものがあれば、また受講したいと思いました。

M.Y先生


フットペダルをフルで踏む! 抜髄も「今はこれをするため」という基本の順序を正確に手早く作業できるようにしたい。コア形成のとき、#4のバーから使い、辺縁の形成もするようにします。残根、半埋状歯の抜歯でも歯根膜腔にCR研磨バーも歯に沿わせて入れることアンダーカット部(歯冠部)を前の歯冠に沿わせて削ることにします。CR、インレーには必ず維持部をつけます。患者さんに「自分はあなたにおいしくご飯食べれたり、快適な生活ができるようにしたい」ということをしっかり説明します。

Y.K先生


経験がないから遅いというのが、間違いだと気付けました。すぐ速くなる人はすぐ速くなるし、変わらない人はずっと変わらないので、なぜ遅いのか、どこでみんなつまづくのか、ポイントを絞って教えていただけて、すごくわかりやすかったです。また、質問したとき、惜しむことなく、自分の診療所のことなども答えてくれてありがとうございました。とても勉強になりました。

J.Y先生


マニュアルで治療の細部までキチンとまとめられていることが、ひとつひとつの治療のスピードとあいまって、高速診療が成り立っていると感じました。東先生の歯科医療に対する考え方と取り組みに触れて良かったです。

M.I先生


処置のリズム(スピード感)を掴むことができたと思います。スーパーファイン法はぜひ実践してみたいです。

T.S先生


抜髄のときに行う術式やスピードに悩んでいたが、使用するバーや方法などを理解することにより、これならスムーズにスピードアップがはかれると思うので、ぜひ、同じように実践してみたい。また、先生の考えで、マインドがあってスキルがあるのは確かにそうだなと、とても共感しました。

山口 和郎先生


親知らずの抜歯。

木村 茂樹先生


自分の治療の遅い原因が講習で気付けました。これからは東先生の教えを活かして早く良質な医療を提供したいです。

H.K先生


自分流のやり方の修正ができるような気がします。卒後25年ですが、これでいいとやっていたことは、もう少しこうしないといけないというところがかなりありました。他の先生との話で、それぞれの先生の治療方法の照らし合わせは必要と思いました。とれるのは当然であり、しょうがないと思っていたことは、やっぱり当然でした。こうすればいいということが分かりました。自分の治療のバージョンアップは特に必要であり、続けていかないと…会議室のセミナーより診療室のセミナーではないといけないし、内容が濃いです。

Y.K先生


実習することで明日からの臨床に活用することができると思います。高速診療の根本を学ぶことができて大変良かったです。

M.M先生


ビデオを見て悩んでいたことが理解することができました。高速診療の意味を教えていただきありがとうございました。

N.A先生


何でも用意しとく。患者さんに自分の気持ちを伝える。

N.F先生


スーパーファインで抜歯(以前から細いバーでぐるりと削ってはいたんですが、しばらく辞めました)メタルコア除去兼松式鉗子をどんどん使ってみようと思います。

N.I先生


埋伏抜歯が簡単にできることが分かり、今後、簡単な症例からやってみようと思った。とにかく高速診療とは時間短縮のために効率を追求することだと分かり、診療に対する姿勢が変わりそうだと思った。とにかく効率重視でやります。

M.E先生


※受講者の感想文の一部

「セミナー前日までのキャンセルなら半額返金いたします」

お申込みいただいてから、もし、何かの都合でセミナーの前日までに参加できないことがわかれば、当社までお電話かメールでご連絡ください。セミナー代金としてお支払いいただいた費用の半額を7日以内に返金させていただきます。返金振込手数料や事務手数料などは一切かかりません。ただし、上記の期限を超えてのキャンセルまたは無断キャンセル(ご連絡がなかった)の場合は、返金に応じられません。あらかじめご了承ください。

※最少催行人数(3名)に達しなかった場合には、開催が中止となる場合がございます。万が一、中止となる場合の連絡は開講日の約1週間前に行います。また、受講料は全額ご返金させて頂きます。ただし、中止に伴うご不便、旅費や宿泊費等の費用、その他の個人的損害について、弊社では責任を負い兼ねます。恐れ入りますが、あらかじめご了承ください。

■2017年09月17日(日)~18日(月・祝) 開催
※先着限定14名 今なら150,000円(税込162,000円)

講習会の参加人数をお選びください:
VISA/MASTER/JCB
※受講枠が埋まり次第、受付を締め切ります。

弊社のお申込フォームは、シマンテック社のセキュリティ・システムを利用し、個人情報保護・セキュリティ強化のためSSL暗号化通信を採用しています。

Q&A

Q、勤務医を数名参加させたいのですが…
ぜひ、お申し込みください。今回の実習セミナーは、若手勤務医が短期間でスキルアップするうえでも有効です。ただし、受講枠は14名限定となりますので、お申し込みはお急ぎください。
Q、熊本以外で開催する予定はありますか?
現在のところ、熊本以外で、同じ内容の実習セミナーを開催する予定はございません。また、今回のセミナーをDVD教材として販売する予定もございません。
Q、実習で持参すべき物はありますか?
白衣、基本セット、必要な方は眼鏡、普通石膏に植立した抜去歯牙10本以上。45°に近心傾斜させた大臼歯も2~3歯ご用意ください。(どうしてもご用意できない場合は、事前にお問い合わせください)
「セミナー前日までのキャンセルなら半額返金いたします」

お申込みいただいてから、もし、何かの都合でセミナーの前日までに参加できないことがわかれば、当社までお電話かメールでご連絡ください。セミナー代金としてお支払いいただいた費用の半額を7日以内に返金させていただきます。返金振込手数料や事務手数料などは一切かかりません。ただし、上記の期限を超えてのキャンセルまたは無断キャンセル(ご連絡がなかった)の場合は、返金に応じられません。あらかじめご了承ください。

※最少催行人数(3名)に達しなかった場合には、開催が中止となる場合がございます。万が一、中止となる場合の連絡は開講日の約1週間前に行います。また、受講料は全額ご返金させて頂きます。ただし、中止に伴うご不便、旅費や宿泊費等の費用、その他の個人的損害について、弊社では責任を負い兼ねます。恐れ入りますが、あらかじめご了承ください。

■2017年09月17日(日)~18日(月・祝) 開催
※先着限定14名 今なら150,000円(税込162,000円)

講習会の参加人数をお選びください:
VISA/MASTER/JCB
※受講枠が埋まり次第、受付を締め切ります。

弊社のお申込フォームは、シマンテック社のセキュリティ・システムを利用し、個人情報保護・セキュリティ強化のためSSL暗号化通信を採用しています。

追伸

今回のセミナーに参加できるのは、先着14名様限定です。

また、今回のご案内は、先生を含めて、約5,000名の歯科医師へお送りしております。

ご参加いただけるのは、先着順となりますので、お申し込みはお急ぎください。

また、東先生は、日常の医院業務でお忙しくされておりますので、
次回、セミナーが開催できる日程は、現在のところ未定です。

14名の枠が埋まる前に、今すぐ、お申し込みください。

「セミナー前日までのキャンセルなら半額返金いたします」

お申込みいただいてから、もし、何かの都合でセミナーの前日までに参加できないことがわかれば、当社までお電話かメールでご連絡ください。セミナー代金としてお支払いいただいた費用の半額を7日以内に返金させていただきます。返金振込手数料や事務手数料などは一切かかりません。ただし、上記の期限を超えてのキャンセルまたは無断キャンセル(ご連絡がなかった)の場合は、返金に応じられません。あらかじめご了承ください。

※最少催行人数(3名)に達しなかった場合には、開催が中止となる場合がございます。万が一、中止となる場合の連絡は開講日の約1週間前に行います。また、受講料は全額ご返金させて頂きます。ただし、中止に伴うご不便、旅費や宿泊費等の費用、その他の個人的損害について、弊社では責任を負い兼ねます。恐れ入りますが、あらかじめご了承ください。

■2017年09月17日(日)~18日(月・祝) 開催
※先着限定14名 今なら150,000円(税込162,000円)

講習会の参加人数をお選びください:
VISA/MASTER/JCB
※受講枠が埋まり次第、受付を締め切ります。

弊社のお申込フォームは、シマンテック社のセキュリティ・システムを利用し、個人情報保護・セキュリティ強化のためSSL暗号化通信を採用しています。