先着20名様限定!大反響につき、食育セミナーを緊急開催!なぜ、池尻歯科医院は、20年以上、保険診療メインで安定経営を続けられるのか?さらに、10年以上通院する患者で予約がいっぱいだなんて…

「いつも、その反響に驚かされます…」

当社のグループ企業である、医療情報研究所では、
これまで歯科医師向けの食育教材をリリースしてきました。

そのたびに、驚かされることがあります。

それは、毎回、予想を裏切る大きな反響が得られるということ。

インプラントやエンドなどは、多くの先生が興味を持つジャンルです。

ですから、医療情報研究所も、それなりに反響が得られることを想定し、
教材をリリースしています。

しかし、「食育教材」の反響は、エンドやインプラントに決して
引けをとらないほど大きいのです。

つまり、多くの先生が、食育や生活習慣病指導に高い興味をお持ちということですが…

なぜ、多くの歯科医師が「食育」に興味をもっているのか?

その理由は、食育や生活習慣病は、口腔内の状態に大きく影響するからです。

日頃の食事や生活習慣が悪化していると、歯周病や、う触になりやすくなります。

また、甘いモノをやめられない患者さん。

スポーツ飲料を習慣的に飲む子供。

ヘビースモーカーの患者さんなど、食事や生活習慣に原因がある患者さんの多くが、
歯医者で治療しても、正しく歯磨きをしても、完治は難しい現実があります。

しかし、歯科医院で食育や生活習慣病指導ができれば?

症状を完治させるだけではなく、予防といった観点でも、
患者さんと長い付き合いができる
ようになるのです。

たとえば、これは池尻先生から聞いた話ですが…

何度治療しても、歯茎から出血する女性患者が体験したこと…

池尻歯科医院に、ある女性患者が来院されました。

その患者さんは、歯茎から出血する症状が、なかなか治りません。

治療したあと、しばらくするとまた、歯茎の出血が原因で来院されます。

詳しく話を聞くと、出血の原因は、彼女の乱れきった食生活にありました。

彼女の食生活は、歯を悪くするための食生活だったのです。

池尻先生は、厳しい口調で、その患者さんに注意しました。

「今すぐ、食事を改善しないと、大変なことになりますよ!」

しかし、なかなか、患者さんはいうことを聞いてくれません。

度重なる池尻先生の注意により、ようやく、患者さんは食生活を改善することにします。

そして、食生活と生活習慣の改善が始まり、2ヶ月が経ちました。

すると、これまで何度も再発していた、歯茎からの出血がピタリと止まったのです。

それだけではなく、以下の効果も得られました。

  • 生理痛、生理不順が改善された
  • 便秘が改善された
  • 肌が綺麗になり、ニキビができなくなった

この患者さんが、どれほど感激しながら、池尻先生に感謝を伝えたでしょうか?

池尻先生から食育指導を受けた患者様の感想

1ヵ月後くらいから・・・今後もずっと続けていこうと思います!

池尻先生に食事の改善が、最終的にはお口の健康につながると教えていただきました。そこで、食事の改善として、油ものを控えて、野菜を良く取るようになり、甘いもの(お菓子)も食べなくなりました。そして、早起きするようになり、朝食もとるようにしました。すると、1ヵ月後くらいから、ニキビが出なくなり、唾液がサラサラになりました。手足の冷えも改善され、生理痛も軽くなり、痛み止めも必要なくなりました。身体も軽くなった気もしますし、風邪や便秘、肌つやも改善しました。本当に驚くことばかりです。池尻先生、本当にご指導してくださいまして、ありがとうございました。今後もずっと続けていこうと思います!

患者S.Aさん(女性)

これは、ほんの一例にすぎません。

他にも池尻先生の医院では…

  • 他院で抜歯宣告された患者さんの歯を、一本も抜くことなく、
    症状を回復させる
  • 抜歯、抜髄は月間2本程度で、治療後、再発する患者さんが
    ほとんどいない
  • 高齢にもかかわらず、入れ歯に頼らずしっかりと噛める患者さんが多い
  • 天然歯で30年以上長持ちしている患者さんがいらっしゃる

など、驚くような実績をお持ちです。

28年間1本も歯を抜くことなく健康を維持されている患者さんのケース
“28年間1本も歯を抜くことなく健康を維持されている患者さんのケース”

中でも、驚くべきは10年以上、まじめに通院し続ける患者さんが多いこと。

だからこそ、池尻歯科医院は、保険診療メインでも
30年以上、経営を安定させることに成功されているのです。

これらの実績はすべて、池尻先生が開業当初から、
「食育」と「生活習慣病指導」を取り入れているからこそ、達成できたことです。

池尻歯科医院の実績をご覧いただき、もうお分かりだと思いますが、
患者さんの病状を根本から治すならば、歯科医師にとって、
食育と生活習慣病指導の知識は欠かせません。

実際、すでに、多くの歯科医師が食育の重要性に気づき、知識を深めようとされています。

本気で患者さんを救いたいからこそ、
志の高い歯科医師の多くが、今、食育を学ばれているのです。

それだけではありません…

他院と患者さんを奪い合うことは正しいのか?

歯科不況と言われはじめ、数年が経ちました。

今でも、多くの歯科医院が、この先の経営に不安を抱えています。

そのため、インプラントなどの自費診療を学び、取り扱う医院も増えましたが考えてみてください。

インプラントも自費診療も、患者さんにとって、有益な治療法ですが、患者数は限られています。

このまま、限られた患者さんたちを他院と奪い合うことは、賢いと言えるでしょうか?

しかし、もし、先生の医院で「食育」と「生活習慣病指導」を取り入れたなら?

これまでのように、数少ない患者さんを、他院と奪い合う必要がなくなります。

256万人の新患を、先生の医院へ…

先生はご存じでしょうか?

平成23年の厚生労働省の調べでは、糖尿病患者は約270万人と言われています。

また、糖尿病患者の約95%が歯周病と言われています。

つまり、少なくとも、国民の約256万人が、歯科医院の潜在患者となります。

考えてみてください。

もし、歯周病を患った256万人の糖尿病患者が、以下の2つを知ったら、どうなるでしょうか?

1.歯周炎があると、3倍以上の血糖コントロール悪化
2.糖尿病罹患者の歯周病発症率は1.95倍

この2つは、国際学会で発表された研究報告です。

糖尿病を患った方たちの苦しみは、想像を絶するものがありますから、この2つの話を聞いた
256万人のほとんどが、最寄りの歯科医院を訪れ、通院し続けることになるでしょう。

つまり、国内の歯科業界で、約256万人の新患が、発生するということです。

他にも、歯周病が及ぼす生活習慣病における、国際学会での報告は以下のものがあります。

  • 心疾患…冠状動脈疾患を持つ患者の発生率は約2倍
  • 骨粗鬆症…歯周炎によって悪化

この事実を、心疾患や骨粗鬆症に悩む方たちが知ったら、
どれだけの人が、歯科医院に殺到するでしょうか?

心疾患(高血圧性のものを除く)の方たちは、161万2000人、
骨粗鬆症1000万人を超えると言われています。

つまり、先ほどの糖尿病患者数、256万人を合わせると…

歯科業界に、1400万人以上の新患が増えるのです…

現在の歯科医院件数を68,000件とするなら?

1件あたり、約200人の新患が増えることになります。

つまり、「食育」や「生活習慣病指導」ができるようになれば?

これまでにアプローチできなかった患者さんたちを、先生の医院へ取り込めます。

また、世間では食育、生活習慣病指導が注目されていますが、
ほとんどの歯科医院が、いまだに手付かずの状態です。

つまり、先生は、他院と患者さんを奪い合うことなく、増患・増収に成功できます。

とはいっても、どのようにして、「食育」や「生活習慣病指導」を、院内業務に取り入れれば良いのか?

その秘訣を今回、池尻先生のセミナーで教えていただけます。

池尻良治先生
医療法人宏和会 理事長
池尻歯科医院 院長
池尻 良治 先生

多くの歯科医院が建ち並ぶ、大阪の淀川区で開業。インプラントなどの自費に頼ることなく、歯を抜かない、削らない治療をポリシーに、高い治療結果をだし続け、クチコミと紹介で毎日、数多くの患者さんが来院される。また、長年通院される患者さんも多く、高齢者にもかかわらず、30年以上、天然歯を長持ちさせている患者さんが多いことも特徴。


34年以上、「食育」や「生活習慣病指導」を実践している歯科医師から学べること…

以前、医療情報研究所から、池尻先生の「食育」をテーマにしたDVD教材がリリースされました。

かなりの反響をいただきましたから、
先生も、すでにDVDをご覧いただいたかもしれません。

しかし、今回のセミナーでは、DVDで語られた内容を踏襲しながらも、
より深く、歯科医院向けの食育と生活習慣病指導が学べます。

また、それだけではなく、

「患者さんへ、どうやって食育や生活習慣病指導をすれば良いのか?」
「どのようにして、日常業務に取り入れるべきか?」

といった点についても、池尻先生から直接学べます。

「食育」と「生活習慣病指導」で長い経験を持つ池尻先生に相談することが、何よりも近道です…

池尻先生は、34年前から食育と生活習慣病指導を取り入れてきました。

そして、食育と生活習慣病指導を取り入れた結果、以下の実績を出すことに成功されています。

  • 保険で充分やっていけるほど、来院患者数が多い
  • 患者満足度が高く、感謝を伝える患者さんが後を絶たない
  • 年間300万円以上の物販収入がある
  • 月に2本程度しか抜歯、抜髄はない
  • 再発がほとんどない
  • 天然歯で、30年以上長持ちしている患者が多数
  • 高齢者でも、入れ歯に頼らずしっかり噛める患者が多数
  • 禁煙外来の禁煙率は20%弱だが、池尻歯科医院の通院患者は、禁煙率50%

これらは、池尻先生が、患者さんのことを想って、食育や生活習慣病指導へ
真剣に取り組んでこられたからこそ、成し遂げることができた実績です。

本当の意味で、患者さんが健康を得られるように、最大限のことに取り組んだからこそ、
池尻先生は、多くの患者さんから信頼されるようになりました。

そして、歯科不況と騒がれている現在も、経営を安定できているのです。

セミナーに参加すれば、一般の書籍や教材とは違い、
歯科医師として必要な、食育、生活習慣病指導の知識と実践方法がわかります。

そして、最短コースで、先生の医院も、食育と生活習慣病指導を取り入れられるようになります。

では、今回のセミナーでは、具体的にどのようなノウハウを学べるのか?

その一部をご紹介しましょう…

歯科医院で取り組むべき「食育」と「生活習慣病指導」とは?先着20名様限定!どのようにして、「食育」や「生活習慣病指導」を、院内業務に取り入れれば良いのか?このような疑問も、セミナーですべて解決!

  • 歯周病を治る! 「体内時計のメカニズム」と「食育」
  • 3DSにおける誤った認識と、健康への悪影響とは?
  • 骨粗鬆症患者が服用する、リカルボンがもたらす恐怖と事例について
  • レーザー治療は取り入れるべきか? もし、取り入れるとしたら
  • 歯科医院で販売できるサプリメントとその選び方
  • なぜ、和食が食育に最適なのか?
  • 子供のイライラと健康問題について
  • 問題が多かった小学校のクラスから、たった2週間でザワつきが消えた理由
  • 歯科と食育をつなぐ、「糖化」と「酸化」における正しい知識とは?
  • 「長寿大国日本」という、立派な言葉に秘められたウソ
  • 虫歯のない子供が、唾液検査にひっかかった理由、わずかな食事が及ぼす恐怖とは?
  • 「木を見て森を見ず」の歯科医療からの脱出
  • 子供の口腔内を破壊する、子育て問題について
  • 食育において推奨すべき食品とは?
  • なぜ、食育で患者さんがやってくるのか?
  • 30年、一本も歯を抜かなかった患者さんが、血栓に悩まされた事例
  • 歯科医師が率先して止めよう! 顎骨壊死の意外な理由とは?
  • 人の健康をつかさどる「水」について、正しい知識をお持ちですか?
  • 実はシンプル! 「歯科医院で取り組むべき食育」とは?
  • 現代人の咀嚼から検討すべき、食育の問題とは?
  • 人体を壊す、食事のとり方
  • 「野菜だから健康に良い!」という考えがNGな理由
  • 「栄養たっぷりの食材」が、そうではなくなる瞬間とは?
  • 患者さんを薬漬けから救え! 医科ではなく、歯科ができることとは?
  • 歯科医だからできる、食育と生活習慣病指導
  • 栄養失調になる、意外な理由を先生はご存じですか?
  • 患者さんが驚く! 「健康そうな名前の食材」にだまされない方法
  • 患者さんへ、食育を説明する方法
  • 食育に欠かせない成分と、その補い方
  • 健康に良い影響をもたらすアルコール飲料とは?
  • 生活習慣病に最適な食べ物とは?
  • 肥満や成人病の予防に最適な食べ物とは?
  • なぜ、早期の歯列矯正は食育が役立つのか?
  • 酸化させず、糖化させない、歯周病予防のポイントとは?
  • 歯の寿命を飛躍的に伸ばす方法
  • 中高年患者に伝えるべき、血糖値を上げない方法
  • 国際学会で報告された、生活習慣病と歯周病の密接な関係とは?
    • 糖尿病と歯周病の関係
    • 心疾患と歯周病の関係
    • 早産と歯周病の関係
    • 骨粗鬆症と歯周病の関係
    • 肺炎と歯周病の関係
  • 妊婦を歯科医院へ誘導する方法
  • アレルギーの子供に悩む方たちを歯科医院へ誘導する方法
  • 脳卒中、心筋梗塞、肺炎が心配な方たちを歯科医院へ誘導する方法

さらに、以下の最新情報も学べます!

それは、時計遺伝子と生活習慣病との関係と、食育に関係する矯正治療やレーザー治療、
ミトコンドリアと活性酵素の関係についてです。

食育と時計遺伝子との関係は、適切な食育を実施する上で、
とても有益な知識となりますが、歯科医師向けの書籍では深く学ぶことができません。

食育に関係する矯正治療や、レーザー治療も豊富な食育実績を持つ、
池尻先生だからこそ知っている最先端治療です。

また、何よりも注目なのが、今、医学界で注目を集める「ミトコンドリア」についての講義です。

ミトコンドリアは、人間が活動するためのエネルギーの
ほとんどを作り出している“エネルギー生産工場”と呼ばれます。

いかにミトコンドリアを味方にするかが、口腔内環境にとどまらず、
全身の健康に役立つかを学び、ぜひ、患者さんへの食育指導にお役立てください。

それでは、今回のセミナーで先生が学ぶ最新ノウハウの一部をご紹介すると…

  • 歯科医師向けの書籍では学べない、時計遺伝子と生活習慣病の関係について
  • 食育に関係する矯正治療とは?
  • 食育に関係するレーザー治療とは?
  • 医学会で今注目の「ミトコンドリア」をもっと深く知ろう!
  • なぜ、健康のすべては、時計遺伝子とミトコンドリアにつながるのか?
  • 健康を支配する、太さ0.001mmのスーパーマシンをご存じですか?
  • ミトコンドリアが、老化、生活習慣病など、様々な病気の原因である理由について
  • シンプルに解説! ミトコンドリアの働きとは?
  • 生きるということと、ミトコンドリアの関係性について
  • 体内のエネルギーの4割を消費する、骨格筋とミトコンドリアの関係について
  • 間違えたダイエットが及ぼす健康被害とは?
  • 心臓の働きと、ミトコンドリアの関係について
  • 他の臓器よりも4倍のミトコンドリアを持つ臓器とは?
  • ミトコンドリアの働きからわかる、血糖値を上げない食事法
  • 身体が一週間で若返る咀嚼法とミトコンドリアの関係性
  • ミトコンドリアを効果的に増やす咀嚼法
  • 患者さんへ指導すべき、健康的な筋力を手に入れる無理のない運動法
  • 食育の考え方が根底から変わる「ATP」とは?
  • 患者さんへアドバイスすべき、エネルギーの作られ方

これらは、セミナーでお伝えするほんの一部です。

「食育」と「生活習慣病指導」を取り入れて、10年後の安定を予約しませんか?

このまま、他院と患者さんを奪い合い、歯科不況の波にのまれるのか?

それとも、200名近くの新患へアプローチし、
今のうちに10年以上、来院してくれる患者さんを増やすか?

先生は、どちらを選びますか?

先生が、「食育」と「生活習慣病指導」を始めるのなら、タイミングは今しかありません。

もし、すでに始められているのならば、今すぐ、軌道に乗せるべきです。

「食育」と「生活習慣病指導」は、まだ、どこの医院も手探りの状態であり、
急激に高まっているニーズに対応できている医院は、ごくわずかです。

ぜひ、今回のセミナーに参加し、「食育」と「生活習慣病指導」を医院に取り入れ、
成功させるノウハウのすべてを手に入れてください。

そして、池尻先生と同じように、以下の結果を手にしてみませんか?

  • 患者さんから感謝される機会が増え、歯科医師としてより充実した毎日が送れる
  • 医院の認知度、評判が高まり、クチコミや紹介が増え、新患が増える
  • 右肩上がりのニーズに適応し、社会貢献をしながら収益アップ

さらに、これだけではありません。

セミナーにご参加いただいた先生には、いち早く、「食育」「生活習慣病指導」を成功させるための、5つのツールを、無料でプレゼントいたします…

プレゼント1 「食生活についての問診票」
具体的な食育指導ができるツール
“具体的な食育指導ができるツール”

今すぐ、食育を始めたい先生にとって、これほど嬉しいツールはありません。

なぜなら、池尻先生が食育で使用している問診票をそのまま使えるからです。

食育で難しいことは、患者さんの食事内容を正確に把握することです。

しかし、この問診票を患者さんに渡し記載させることによって、
先生は、患者さんの食事内容をしっかりと把握し、的確な指示が出せるようになります。

プレゼント2 「食育意識を高める患者さんへの配布資料」
もらった患者さんが喜びます
“もらった患者さんが喜びます”

池尻歯科医院では、患者さんへ配布している資料があります。

それは、「歯を大切にして健康な生活を送るために」という資料です。

食育を成功させるには、患者さんの意識の高さが大切です。

このツールは、患者さんの食育意識を高める上で役立ちます。

プレゼント3 「栄養の高い食品 早見表」
主婦層はとても喜びます
“主婦層はとても喜びます”

毎回、患者さんへ栄養価の高い食品を説明するのは手間も時間もかかります。

しかし、この早見表を渡せば、その手間を大幅に削減できます。

この早見表は、栄養価の高い食品を知る上でとても便利なため、患者さんも喜んでくれます。

プレゼント4 「野菜ジュースのレシピ」
主婦層はとても喜びます
“小さなお子さんを持つお母さんも喜びます”

栄養価が高く、ヘルシーな野菜ジュースのレシピです。

このレシピは、小さなお子さんを持つお母様にはとても人気があります。

ぜひ、患者さんへプレゼントし、食育指導の一環としてください。

プレゼント5 「重要ポイントをまとめたセミナーレジュメ」
このレジュメがあれば、復習がはかどります
“このレジュメがあれば、復習がはかどります”

講習会で使用したレジュメを先生へプレゼントいたします。

このレジュメには、講義で語られる膨大な情報がテキストに落とし込まれておりますので、
セミナーで学んだ内容を、じっくりと復習したい先生にとって、とても有益な学習ツールです。

先生は、食育に関する書籍を数多く読まなければ手に入らない
歯科診療で使える食育知識を、この1冊で手に入れることができるのです。

さらに、セミナーにご参加いただいた先生は、池尻先生から直接のサポートが受けられます!

セミナー受講後は、おそらく先生も…

「学んだ食育の知識を、どうやって患者さんへ伝えるべきか?」
「自分の知識や指導は本当に正しいだろうか?」
「食育を院内業務に落としこむには、どうすれば良いか?」

などの疑問が出てくるでしょう。

しかし、ご安心ください。

セミナーを受講される先生は、受講日から30日以内であれば、
FAXを使って、池尻先生へ質問でき、適切なアドバイスがいただけます。

今回のセミナーは、ただ知識を吸収するだけのセミナーではなく、
吸収した知識を、先生の医院で実践するためのセミナーです。

セミナー参加費用は、本気の先生ならば、誰もが、お申し込みいただける価格となります…

当社は、これまで、数多くの歯科医師向けセミナーを開催してきました。

また、勉強のために、数多くの歯科医師向けのセミナーへ、受講者として参加してきました。

その観点から見て、今回のセミナーは、参加費10万円の価値があると考えています。

これは、決して、高くも安くもない、客観的な適正価格だと考えます。

なぜなら、池尻先生が34年間かけて開発してきた
他では手に入らないノウハウと知識が手に入るからです。

そして、このノウハウは、医院の未来を変えてしまう可能性に満ち溢れているのですから。

もし、先生が、池尻先生のノウハウを手に入れて、まじめに実践すれば、
他院と争うことなく、長期的に医院の収益を安定できます。

食育の導入を成功させたい先生にとっては、本当に、価値があるセミナーです。

しかし、今回のセミナーは、開催場所が一箇所のため、
交通費等も考慮して参加費を設定させていただきます。

今、この手紙をお読みの先生だけが、医院の未来を変えてしまうノウハウと、
実用性の高い5つのツールと池尻先生のサポートを特別価格で手に入れられるのです。

「でも、セミナー前日に急用ができたらどうしよう?」と思われても、大丈夫! なぜなら…“前日までならキャンセルしても全額返金”

今回のセミナーの開催は、少し先のお話ですが、お忙しい先生の場合、
何らかの急用が入り、参加できなくなるリスクも考えられます。

しかし、ご安心ください。

今回のセミナーは、お忙しい先生や、この先の予定が心配な先生が、
安心してお申し込みいただけるように全額返金保証をお付けいたしました。

全額返金を受ける上で、面倒な手続きは一切必要ありません。

お申し込みいただいてから、もし、何かの都合でセミナーの1週間前までに
参加できないことがわかれば、当社までお電話かメールでご連絡ください。

セミナーの1週間前までにキャンセルのご連絡をいただければ、
参加料金を7日以内に全額返金いたします。
クレジットカードでお申込みされた先生には、セミナー参加料金とは別にかかる、
カード決済のキャンセル料も、当社が負担させていただきます。
また、お振込みでお申込みされた先生には、セミナー参加料金とは別にかかる、
返金振込手数料もすべて、当社が負担させていただきます。
もちろん、事務手数料なども一切かかりませんので、ご安心ください。
ただし、上記の期限を超えてのキャンセルまたは無断キャンセル(ご連絡がなかった)の場合は、返金に応じられません。あらかじめご了承ください。
重要
安心の「キャンセル返金保証」

ただし、先生は、今回のセミナーへご参加いただけないかもしれません…

セミナーには、なるべくたくさんの方にお越しいただきたい、という気持ちはあります。

しかし、今回のセミナーは、ご参加いただいた先生の疑問には、どんな内容でも、
しっかりと答えさせていただきたいという想いを、池尻先生はお持ちです。

せっかく、先生の貴重なお時間を割いて、いらっしゃるわけですから、
「本当に、このセミナーへ来て良かった!」と思っていただきたいのです。

ですから、質疑応答や個別相談などで、先生の疑問にしっかりと、
お答えさせていただくためにも、セミナー参加人数は、限定させていただきます。

セミナーへご参加いただけるのは、先着20名様のみとなります。
会場の都合もあり、これ以上の増枠は考えておりません。
このご案内は、先生を含めて、約5,000名の歯科医師へお送りしております。
ご参加いただけるのは、先着順となります。
以前のセミナーは、あっという間に定員枠が埋まりましたから、
今回のご案内も枠が埋まる可能性があります。
重要

お申し込みはお急ぎください。

ライバル医院が、食育指導で成功し始めるより先に、成功を掴みませんか?

導入実績34年の歯科医師が、先生の質問にお答えします!高水準のリコール率を実現する食育導入セミナー ※ご参加いただけるのは、先着20名様限定です

■東京会場
東京八重洲ホール
東京八重洲ホール 901会議室
〒103-0027
東京都中央区日本橋3-4-13 新第一ビル
TEL:03-3201-3631

<アクセス>
・JR東京駅 八重洲中央口 徒歩3分

■ タイムテーブル
09:30 開場
10:00 食育について
   ・挨拶
   ・私の治療法
   ・最先端歯科医療とは
   ・歯科医師の役割とは
11:00 BP系薬剤の最新情報
11:30 歯科一新する先端医療とは
   ・ひとむかしと違うYAGレーザーとは?
   ・軟組織と硬組織へのアプローチ
   ・レーザー治療と症例解説
   ・レーザー治療(優れたレーザー機器の選び方)
12:00 昼食(昼食はご用意します)
13:00 歯科を一新する食育とは
   ・酸化と糖化について
   ・糖分の取り方
   ・体内時計について
   ・3DSにおける誤った認識
16:00 閉会

実際にセミナーを受講された先生方の感想

    第1回開催
  • 大分県 N.W先生
    診療面で、流れを変えられるようなすばらしい話でした。色々と資料をいただいたあとで、スタッフと共に、取り入れて行きたいと思います。また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。
  • 奈良県 Y.T先生
    とても興味深い内容でした。患者さんにアドバイスできるよう、自分なりにまとめてみたいと思います。本セミナーのビデオ販売をして欲しかったです。
  • 三重県 H.M先生
    患者さんの健康状態について、口腔内の状態から判断してヤバイと思うことが多く、歯科医師として、どう改善させたら良いかについて悩んでいたので、今回のお話は、知識習得のきっかけにできました。

    第2回開催
  • 大阪府 K.K先生
    削るだけの歯科治療から、体を守る健康志向の歯科医療を目指しているのですが、食育を少しずつ日常臨床へ組み込んでいくヒントを貰えたと思っています。健康のために、これを歯科医師が行うことで、歯科医療の明るい未来が見えた気がしました。
  • 愛知県 S.M先生
    患者さんの立場に見合った食育を実践されていることが理解できたと思う。経営、技術的な講習会が多い中で、人間味のある温かい内容に感銘を受けた。要介護者の口腔管理をする上で、長年「ドライマウス」の対応に悩み続けておりました。単なる対症療法から、宿主の体質を考えた根本的な管理に変えていこうと思う。付け加えて、わが身の健康増進が、患者さんへの心遣いになることを改めて感じた。
  • 大阪府 K.A先生
    何よりも歯科の重要性、歯科の影響力の大きさを再度認識させていただけた、すばらしいセミナーでした。明日から、スタッフとともに健康な人を多くつくる歯科医院づくりにまい進していきます。
  • 千葉県 T.M先生
    今回の講演は大変わかりやすく、勉強になりました。今まで、歯周病の患者さんの治療に際して、歯科医師側としてできる限りの治療を行い、患者さんもまた、口腔内の清掃に励んでいるにも関わらず、病態が改善しないことがありました。今にして思えば、今回のセミナーのような患者さんの日々の生活や食事の取り方などの視点が抜けていたように感じます。今後は、池尻先生のように、自然に食育を診療に反映できるように努力したいと思います。

    第3回開催
  • 兵庫県 沼田信弘先生
    食育は興味があり、自分でも様々な本を読み、自身でも食べ方を色々と試してきましたが、今日のセミナーでは非常に役立つ情報をいただき、感謝でいっぱいです。明日から、スタッフ、患者さんに良い情報を届け、共に健康で明るいライフスタイルを送れるよう努力させていただきます。
  • 兵庫県 M.O先生
    以前に購入した池尻先生のDVDで、自分の食生活に不安を感じておりましたが、具体的にどういう食べ方、生活の仕方をすべきかはよく分かりませんでした。今回のセミナーで、充実した資料をいただき、これを参考にして生活を修正していきたいと思います。また、効果が上がったら患者さんにもアドバイスしてあげたいなと思いました。
  • 兵庫県 N.M先生
    食育の大切さは理解していたつもりですが、詳しいことはほとんど無知であることに気付きました。資料をみながら、頭の中で整理して、少しでも患者さんに正しい知識を伝えられるようにがんばってみます。池尻先生のような患者さんとの信頼関係を築いていきたいと思います。

    第4回開催
  • 兵庫県 岡坂 勝先生
    まず、自分の健康維持のために受けさせているセミナーです。正しい知識を得て実践していきたいと思います。食べる物と生活習慣の大切さが具体的に分かりました。十分理解、実践できたら患者さんにも教えてあげたいと思います。
  • 鳥取県 R.H先生
    大変有意義な研修会でした。治療ありきの日常から治療以前にやるべきことを、知っておくべきことを学べたので、患者様に啓蒙していきたいです。歯周病の研修会も楽しみにしています。
  • 埼玉県 M.K先生
    今までの診療で歯磨きだけでは改善しきれない体質改善や食育も重要だと思っていたところに、NHKの腸内フローラのテレビを見て、やはり大切だなと思い、もっと知識やノウハウを手に入れたいと思った。正しく理解し自分でも実行し広く伝えることにしています。
  • 鹿児島県 M.F先生
    エンドの成功の可否にもこれほど食育が関係しているとは思っていなかった。年齢で抜歯か非抜歯かを決めていたところもあるので反省しました。歯科の将来が開ける感じがしました。
  • 大阪府 M.Y先生
    人工甘味料、添加物が身体に悪いことは理解していても、それを臨床にどう活かせられるか分からなかったのですが、このセミナーでより知識が染まった気がします。患者さんの中には、S.Cをするだけで治る等の依存傾向にある方も少なくないと思うのですが、自身の食生活を変えてもらう様な意識改革もしていただかなくてはならないと思いました。贅沢ですがせっかくの食育セミナーだったので、昼食も工夫(玄米・油)があれば、もっと分かりやすかったと思います。
  • 大阪府 T.Y先生
    今まで治療・技術中心の講習会には多く参加しておりましたが、今回のような生活習慣がすべてに通じるといった内容は、あまり聞いたことがなかったです。今後、地域に啓蒙できるよう取り組んでいきたいと思います。本日はありがとうございました。
  • 大分県 T.I先生
    DVDの内容がさらに理解できました。学校歯科医の役割。
  • 埼玉県 S.M先生
    大変勉強になりました。復習して食育を取り入れたいと思いました。
  • 沖縄県 S.O先生
    食育の大切さを全然考慮していなかった。必要性を感じた。
  • 兵庫県 S.U先生
    食育の大切さが分かりました。これほどまでとは思っていませんでした。明日から少しでも取り入れていきたいです。
  • 奈良県 西塔治先生
    「つまようじ法でのブラッシングは、歯肉細胞の正常なアポトーシスを招くため(歯肉の賦活化)、効果があるのではないか」「松果体は、天命が何かを教えてくれて直感が生じる場所である」「自分の頭でエゴをもって色々考えると、松果体からのメラトニン分泌が抑制し、眠れなくなるのではないか」上記のことが正しいかどうかは分からないが、セミナー中に気付いたことである。治療中に一方的に食育のことを患者さんに伝えるのは、良いアイデアで早速実践したい。講演の中であったように、今ほど学校歯科医の責務が重要なときはないと思う。何かと歯科医師会の中で、働きかけていきたい。

    第5回開催
  • 神奈川県 天雲 丈敦先生
    細菌は細菌でコントロールするという教えがすごく響きました。
  • 埼玉県 竹谷 尚人先生
    食育の重要性がよく分かり良かったです。
  • 東京都 関根 大介先生
    大学時代や今まで学んだ知識とはまったく違う内容で、学びがいもあり、また、これから患者さんやスタッフに知識を共有できれば楽しいと思いました。
  • 千葉県 K.I先生
    これまでもプロディンティスを用いたバクテリアセラピーを導入して実践していますが、他にもサプリメントの活用で、新たな患者教育・指導が行うことができそうだと思いました。
  • 青森県 S.A先生
    まったく知らない情報も得ることができて有意義でした。実際の臨床にどのように実践しようかと検討中です。来院患者さんだけでなく、私や家族、スタッフたちにも有益な情報を得ることができました。資料がたくさんあって助かります。
  • 東京都 S.T先生
    酸化と糖化をよく理解し、まず自分自身でソデッシュを飲んでみたいと思います。こんなに食事のことを考えさせられたことはないと思いました。乳酸菌についてもとてもよく考えさせられました。
  • 埼玉県 H.M先生
    食生活について考えたことはあまりありませんでしたが、今回セミナーを受け、いかに食生活が大切なのかを知ることができました。健康を維持するためや、健康になるためには食生活から改善してもらえるよう指導していきたいと思います。
  • 茨城県 M.Y先生
    食生活がいかに大切なのかを理解することができました。歯周病の進行も食生活で改善できるとは驚きでした。ブラッシング指導だけでなく、食生活の問診、指導もしていきたいと思います。
  • 埼玉県 S.H先生
    食育の大切さがよく分かりました。上手に患者さんに説明できるようになりたいと思いました。

    • 第6回開催
    • 大阪府 H.A先生
      今後の歯科の具体的な方向性を示していただき、ありがとうございました。私の医院においても微力ながら少しずつ一人でも多くの患者さんに、本来の健康を守るために、治療行っていきたいと思います。ありがとうございました。
    • 広島県 K.O先生
      歯科医として、食育について何も知らないと思った。先生の講演でたくさんアプローチできることがあると分かったので、日々の診療でも、自分の日常生活でも取り入れていきたいと思った。ありがとうございました。
    • 大阪府 H.S先生
      食だけでなく、睡眠や運動のバランスがとても全身にそして、口腔内に重要ということが分かり、日々の臨床にぜひ、生かしていきたい。
    • 大阪府 A.O先生
      本日の講習で食育の大切さが分かりました。今までの治療へのアプローチに加え、食育の考えを追加することによって、今まで難治性だった症例にも希望が見えました。ありがとうございました。

      第7回開催
    • 神奈川県 中原 維浩先生
      アンチエイジング認定医、人間ドック認定医などを持って、次に食育を学んで、口腔から全身の健康へと思っていたところ、ピンポイントで学びたいセミナーでした。食育は患者さんだけでなく、医院のスタッフの離職率低下にもつながり、モチベーションアップにも効果的でした。ネット社会の今、巷にあふれる誤情報でなく、最新の正しい情報に触れられるすばらしいセミナーです。資料が豊富なのも魅力的でした。今後、必ず必要になるセミナーだと思いました。
    • 福島県 N.H先生
      食育が非常に大切なことが再確認できました。ただ、内容がいっぱいで少し消化不良で、あとで復習します。
    • 静岡県 Y.O先生
      今まで、自分自身も病のおきたところのみ治して安心しておりました。原因は何かという先生のお言葉にとても共感いたしました。一般医科の先生方は目前のことに精一杯で、予防や真の原因を考えているひまはないようです。我々、歯科医師およびスタッフこそ医療の根本的改善ができるのではと思いました。本当にありがとうございました。
    • 神奈川県 田渕 康允先生
      食の大切さが改めてわかりました。もう一度資料を復習して、日々の臨床に落とし込んで行きたいと思います。

※いただいた感想文より一部を抜粋

「セミナー1週間前のキャンセルなら全額返金いたします」

お申込みいただいてから、もし、何かの都合でセミナーの1週間前までに参加できないことがわかれば、当社まで電話かメールでご連絡ください。セミナー代金としてお支払いいただいた費用の全額を7日以内に返金させていただきます。返金振込手数料、カード決済手数料や事務手数料などは一切かかりません。ただし、上記の期限を超えてのキャンセルまたは無断キャンセル(ご連絡がなかった)の場合は、返金に応じられません。あらかじめご了承ください。

■2017年07月23日(日) 東京開催
※先着限定20名 今なら50,000円(税込 54,000円)

講習会の参加人数をお選びください:
VISA/MASTER/JCB
※受講枠が埋まり次第、受付を締め切ります。
※最低実施人数に達しない場合は開催を中止、
または日程を変更させていただくことがございます。

弊社のお申込フォームは、シマンテック社のセキュリティ・システムを利用し、個人情報保護・セキュリティ強化のためSSL暗号化通信を採用しています。

Q&A

Q、池尻先生のDVD教材とセミナーの違いは?
1つめは、池尻先生へ直接質問できることです。実際に、食育や生活習慣病指導を医院で取り入れる上で「何をどうすれば良いか?」先生も色々と悩まれることがあるでしょう。しかし、セミナーの質疑応答時間に、先生が食育を実践する上で疑問に思うことや不安な点は、すべて池尻先生からご回答いただけます。2つめの違いは、DVDでは語られなかったノウハウについても、セミナーでお話することです。また、実務で使える5つのツールがもらえることや、池尻先生からのサポートが受けられるのも、セミナーにご参加された先生のみです。
Q、大阪、東京以外で同じセミナーを開催される予定はありますか?
池尻先生のご都合がつき、大阪以外にも東京での開催も実現することができました。ただし、池尻先生は日常の医院業務でお忙しくされておりますので、大阪、東京以外での開催ができるかどうかは、現在のところ未定です。
Q、セミナー内容を、今後新しいDVD教材にする予定はありますか?
その予定はありません。今回のセミナーで語られる内容を手に入れられるのは、セミナーにご参加いただいた先生のみとなります。
「セミナー1週間前のキャンセルなら全額返金いたします」

お申込みいただいてから、もし、何かの都合でセミナーの1週間前までに参加できないことがわかれば、当社まで電話かメールでご連絡ください。セミナー代金としてお支払いいただいた費用の全額を7日以内に返金させていただきます。返金振込手数料、カード決済手数料や事務手数料などは一切かかりません。ただし、上記の期限を超えてのキャンセルまたは無断キャンセル(ご連絡がなかった)の場合は、返金に応じられません。あらかじめご了承ください。

■2017年07月23日(日) 東京開催
※先着限定20名 今なら50,000円(税込 54,000円)

講習会の参加人数をお選びください:
VISA/MASTER/JCB
※受講枠が埋まり次第、受付を締め切ります。
※最低実施人数に達しない場合は開催を中止、
または日程を変更させていただくことがございます。

弊社のお申込フォームは、シマンテック社のセキュリティ・システムを利用し、個人情報保護・セキュリティ強化のためSSL暗号化通信を採用しています。