たった1回で顔面マヒが改善!整形外科医も認める「筋肉ロック解除法ミオンパシー」で90秒ごとに効果が実感できる施術を先生も使えるようになりませんか?

「まじめにやってきたのに、なぜ!?」

ある日のこと。

医院のポストに、差出人が「厚生局○○事務所」と書かれた封筒が届いていました。

あわてて開封してみたところ、院長は言葉を失いました。

なぜなら、「個別指導の実施について(通知)」と書かれた
文書が入っていたのですから。

「何かの間違いじゃないのか?」

院長は、急いで内容を確認しますが、なんということでしょうか。

これは間違いなく、当院に向けられた個別指導の通知です。

話には聞いていましたが、まさか自分の医院が通知を受けるとは…

個別指導の通知を受けるようなことは、何ひとつ記憶にありません。

これまで、まじめに診療してきましたし、
不正をしたつもりなんて、これっぽっちもありません。

それなのになぜ?

もしかしたら、あらぬ疑いをかけられいるのかも…

誰かに相談しようにも、個別指導の通知を受けたことが
周りに知られて、変なウワサをたてられてしまうかもしれない。

でも、個別指導に備えて、何をどうすれば良いかわからない…

ネットで調べると、かなり悲惨な情報ばかりが掲載されている…

個別指導で、かけられた疑いを晴らせなかったらどうしよう…

処分を受けて、保険診療ができなくなるのでは?

院長の不安はどんどん膨れ上がります。

不安で夜も眠れない日々が続き、食事も喉を通りません。

遂に院長は鬱状態に…

「そんな大げさな…」と思われたかもしれませんが、
これは、ある歯科医院で実際に起こった話です。

どれだけ先生が、正しく診療をしていても 「個別指導 選定通知」は、 ある日突然やってきます…

先生は知っていますか?

毎年3,000軒の歯科医院が、個別指導に呼ばれていることを…

個別指導の通知を受け取った先生の多くが、
「なぜ、私が!?」と驚いていることを…

さらに、個別指導であらぬ疑いをかけられ、
その疑いをうまく晴らせずに苦しんでいる院長が、たくさんいらっしゃることを…

「いや、当院はマジメに診療しているから大丈夫」
「レセコンも正しく使っているし…」
と、先生は思われたかもしれません。

ですが、そういった先生の多くが、個別指導に呼ばれている事実があるのです。

個別指導は、保険者、患者さん、
職員などからの通報や情報提供により行われます。

つまり、先生が「正しい」と思ってやっていることでも、
周りから見て「おかしい」と思われていたならば?

第三者の通報や情報提供で、個別指導対象にリストアップされてしまうのです。

まさに、先生にとって「寝耳に水」のお話ですが、
個別指導の通知を受けた時点で、先生はあることを覚悟しなければなりません。

多くの先生が、個別指導を勉強会や研修会に参加することのように勘違いされています…

個別指導の通知を受けた時点で、覚悟しなければならないことがあります。

それは、個別指導の通知を受け取った時点で、先生は、厚生局から
診療内容、診療報酬の請求内容などで、何かの疑いを持たれていること…

彼らは証拠や、確信が持てる情報を掴まなければ動きません。

つまり、個別指導の通知を受け取った時点で、先生は厚生局に、
不正請求や不当請求にあてはまるような証拠を、握られている可能性がある
のです。

たとえ、先生の身に覚えがなかったとしてもです。

先生が日ごろの診療で意識していなかった間違いを、
証拠としておさえている可能性が高いのです。

さらに言えば、個別指導で提出が求められる持参物を準備できず、
個別指導の当日、最悪な目にあう先生もいらっしゃいます。

「では、個別指導に呼ばれたら、もう終わりなのか?」

と思われたかもしれませんが、ご安心ください。

先生にかけられた疑いをスッキリと解消させ、
笑顔のままで個別指導を終える方法があります。

その方法を教えてくれるのは、小出一久先生。

小出先生は、個別指導コンサルタントとして
ご活躍なさっている現役の開業歯科医師。

これまでに、個別指導対策に悩む870人以上の歯科医師をサポートしてきました。

こいで歯科医院院長・個別指導コンサルタント 小出一久先生

小出一久先生

医療団体の役員として、20年以上前から、個別指導対策の活動に携わる。2014年1月から、個別指導に関する、開業歯科医師のサポートを実施。これまでに、870人以上の歯科医師へ、個別指導対策を指導する。個別指導対策について、具体的なアドバイスができる大変貴重な現役歯科医師の講師。


【略歴】
昭和38年10月
東京都出身
平成元年3月
日本歯科大学歯学部卒業
平成元年5月
歯科医師免許交付 歯科医籍登録
平成6年10月
神奈川県高座郡寒川町にて開業
平成9年10月
神奈川県藤沢市にて移転開業
平成20年3月
フィラー(ヒアルロン酸)注入療法セミナー開始
平成23年4月
コンサルタントとしての活動を開始
平成24年4月
医療社団法人MD(Medical&Dental)法人会 設立 代表理事に就任
平成26年1月
歯科個別指導対策と準備 研修会 主宰
【所属】
こいで歯科医院 院長 
有限会社ウェッブエキスパート 代表取締役
一般社団法人MD(Medicai & Dental)法人会 代表理事
その他、医療法人の役員多数
【メディア掲載・出演】
日本経済新聞 週間ダイヤモンド、テレビ東京NHK、クインテッセンス、アポロニア21、その他多数
【講師実績】
歯科個別指導と対策 研修会 主宰 平成26年1月より継続開催中
歯科医院改革戦略会議 主宰
歯科医師会、保険医協会、市民団体などで講演多数

論より証拠! 患者さんの声が 技術の良さを裏付けます

小出先生はおっしゃいました。

故意に不当請求や不正請求をするのは、言語道断。

ですが、まじめにやっているクリニックが、事務的なミスや、
知識不足で個別指導の対象になってしまう現実があると…。

しかし、小出先生がおっしゃるには、心配しすぎる必要はないとのこと。

個別指導は、下記3つのポイントをおさえておけば、
それほど怖いものではないと、小出先生はおっしゃいます。

ポイント1、保険診療のルールを正しく知ること
ポイント2、カルテの記載を間違えないこと
ポイント3、個別指導で必要になるカルテ以外の
      持参物資料(提供文書など)を整備しておくこと

個別指導では保険診療のルールを正しく守れているかどうかを判断する場です。

つまり、保険診療ルールを正しく守れていることは当然として、
それを判断するためのカルテや資料が、どれだけ万全かが重要とのこと。

小出先生がおっしゃるには、この3つを、常日頃からしっかりしておけば、
笑顔のままで、個別指導を終えることができると…

逆を言えば、まじめにやっているのに個別指導に呼ばれてしまう先生は、
この3つについて、すでに、何かのミスをしている可能性があるということですが…

「保険診療のルールは正しく理解できているはず…」

先生は、こう思ったかもしれません。

ですが、これまで870人以上の歯科医師に
個別指導の対策を教えてきた小出先生はおっしゃいます。

実は、多くの先生が、保険診療ルールについて正しい知識をお持ちでないと…

これは仕方がないことでしょう。

なぜなら、多くの歯科医師は、
保険診療のルールについて詳しく学ぶ機会を持たないのですから。

先生も、保険診療のルールを学ぶ機会は、
これまでに、ほとんどなかったのではないでしょうか?

また、多くの先生が、勤務先で覚えた保険ルールを信じ、
日常業務にあてはめていますが、小出先生はおっしゃいます。

“もし、先生が勤務していた医院が、保険ルールについて
間違えた理解をしていたなら、どうなるでしょうか?”

これまでに先生が正しいと思っていた内容が、すべて間違えていることになり
個別指導で厳しく追及されてしまうことになるのです。

「カルテの記載ミスが、本当に多い…」

先生が保険診療ルールを完全に熟知していたとします。

ですが、カルテの記載が間違えていれば、個別指導で指摘を受けることになります。

小出先生はおっしゃいました。

個別指導で一番チェックされるのはカルテであると…

なぜなら、個別指導において、保険診療ルールが
正しく守られているかどうかを表現できるのは、カルテのみだからです。

しかし、これまでサポートしてきた870人の歯科医師のほとんどが、
カルテの書き方を正しく勉強したことがないとおっしゃいました。

これは大変な問題です。

実際、カルテにおいて、臨床所見の記載が乏しい先生が多く
これは個別指導で、厳しく追求される原因です。

「レセコンを過信するのは危険…」

さらに、小出先生はおっしゃいました。

レセプトコンピューターを過信するのは、非常に危険だと…

なぜなら、レセコンにプリセットされているコメントや
治療の流れを選択し続けることにより、
カルテに記載の処置内容が画一的、傾向的になるから。

カルテの処置内容が画一的、傾向的になると、
個別指導でチェックが厳しくなり、大変な問題になります。

また、単純な操作ミスで、初診時に、初診料のほか、オルソパントモ、
歯周組織検査、スケーリング、歯科疾患管理料、衛生実施指導料などが
主訴や症状に関係なく、算定されるケースもよくあるとのこと。

「準備が命!」呼ばれてからでは遅すぎる

個別指導の通知を受けてから、多くの先生が困ること。

それは、カルテ以外の持参物資料(提供文書など)です。

小出先生がおっしゃるには、多くの医院が、
個別指導で求められる持参物資料について、日ごろから整備していないとのこと。

通知を受けてから、あわてて準備をする先生も珍しくないそうです。

しかし、レントゲン写真や技工伝票などの管理が悪く、
紛失してしまっているケースも多く、個別指導の当日までに、
持参物が準備できないといった最悪の事態になる先生もいらっしゃるのです。

まじめに診療してきたのに、持参物で担当官から厳しく追及されてしまうなんて…

こんな事態を避けるには、日ごろの準備を万全にする意外、道はありません。

カルテの記載もそうですが、個別指導は呼ばれてからの対応では遅すぎるのです。

個別指導を受けることになってからでは、
慌てても、後悔しても、対処のしようがありません。

「でも、具体的に何をどうすれば?」

と思われたかもしれませんが、ご安心ください。

今回、現役の開業歯科医師でありながら
870人の個別指導をサポートしてきた小出先生から
「失敗しない個別指導対策」
について教えていただけるようになりました。

先生も知ってのとおり、個別指導対策について
具体的なノウハウが学べる機会はめったにありません。

また、講師が先生と同じ開業歯科医師となると
おそらく、国内では小出先生しかいないでしょう。

実際、今回、先生が手に入れる小出先生の
個別指導対策ノウハウには、こんな特徴があります。

  • 厚生省、厚生局から発信されたものをベースにした正確なノウハウ

    個別指導については、根拠のない情報が溢れていますが、
    小出先生の個別指導対策は間違いがありません。

    なぜなら、現役の開業歯科医師が、厚生省から発信された情報を分析し、
    具体的な対策に落とし込んだノウハウだから。

    実際、小出先生は個別指導対策コンサルタントとして活動していますが、
    情報提供が的確なため、個別指導でクレームがついたことはありません。

  • 開業歯科医師が教える、再現性の高い個別指導対策

    処置別の詳しいカルテの書き方や、
    日常業務でありがちな事務処理のミスを防ぐ方法など…

    小出先生が教えるノウハウは、歯科医師目線に終始しており、
    現場で即実践できるほど、再現性に優れています。

  • 870人以上の歯科医師をサポートしてきた実績

    小出先生は、2014年1月から、
    個別指導対策の準備 研究会を開催し、そのセミナーの参加者だけでも300人以上、
    インターネットを通じたメールや電話、また個人コンサルなどを合わせ
    計870人以上の歯科医師をサポートしてきました。

    長年の経験で培ったそのノウハウは、歯科医師のみなさまから好評で、
    小出先生の個別指導対策セミナーは、すぐに満席になります。

    下記は一部になりますが、小出先生のサポートを受けた先生たちの感想となります。

    愛知県 O先生 60歳代 男性
    大学に勤務経験がありましたが、開業して保険診療でのカルテの書き方に不安を持っていました。研修会に参加して、あらためて現在のカルテの記載方法について明確に理解することができました。小出先生の経験と情報量の豊富さにびっくりしました。

    東京都 H先生 30歳代 女性
    新規開業して個別指導にはとても不安を感じていました。個別指導についてインターネットで調べるとネガティブな情報ばかりで、恐怖さえ感じていました。この研修会に参加して、個別指導に向けて日々の診療の中で何を準備すべきかが解り、慌てることなく無事に新規個別指導をクリアすることができました。小出先生にはメールで指導当日まで何度も相談させていただきました。

    北海道 M先生 40歳代 男性
    学術的なセミナーには頻繁に参加するのですが、この研修会に参加して日々の診療の中で必ず行う保険診療請求について、きちんと理解をすることができました。北海道から東京へこの研修会だけのために出かけましたが、本当に価値を感じました。終了後の懇親会にも参加しましたが、とてもためになるたくさんの情報を伺うことができました。ありがとうございました。

現役の開業歯科医師が教える、この「失敗しない個別指導対策」があれば?

  • 多くの歯科医師が勘違いしている、個別指導の実態がわかる
  • 個別指導を円滑に進行させるために、当日準備すべき資料がわかる
  • 当日、どのような流れで個別指導が実施されるかが具体的にわかる
  • 個別指導で具体的にどのような指摘があるのか、その詳細がわかる
  • 世間で報じられる個別指導の情報について、信じて良いものとダメなものがわかる
  • 個別指導でどのような処分を受けるかが、具体的に分かる
  • 不正請求や不当請求に該当する条件が明確にわかる
  • もっとも追求される不当請求の発生原因がわかる
  • 個別指導で一番チェックされる、カルテの正しい書き方がわかる
  • 個別指導で突っ込まれやすい、訪問診療におけるカルテや資料の作成方法もわかる
  • 個別指導で困らないための、保険診療のルールを正しく理解できる
  • カルテ記載内容において、個別指導で必ずチェックするポイントがわかる
  • レセコンを使用した事務処理ミスと、その防ぎ方が分かる
  • 個別指導で求められる、持参物資料(提供文書など)の正しい管理方法がわかる
  • 個別指導で非常に問題になるケースを、事前準備で回避する方法がわかる

つまり、個別指導への 不安や恐怖がなくなります!

ノウハウのすべては、セミナーでお伝えいたします。

以前、弊社グループ会社の㈱医療情報研究所から、
小出先生のDVDがリリースされましたが、その反響は凄まじかったと聞いております。

それだけ、多くの歯科医師が、個別指導について悩んでいるのです。

また、DVDを購入していただいた先生から
「小出先生のセミナーを受講してみたい!」という、ご要望をたくさんいただいたそうです。

このような経緯もあり、今回、小出先生を講師にむかえ、
個別指導対策がじっくりと学べるセミナーを開催する運びとなりました。

セミナーで手に入る、個別指導対策ノウハウの一部をご紹介すると…

個別指導に悩む870人の歯科医師をサポートしてきた“現役歯科医師”が教える「失敗しない個別指導対策」セミナー

■誰も教えてくれない「個別指導の実態」を知ろう!

  • 多くの歯科医師が知らない、個別指導の実態とは?
  • 個別指導を安易に考えることのリスク
  • 世間にあふれる、こんな情報には要注意!
  • 周囲の仲間に相談するリスク
  • レセコン業者に相談するリスク
  • なぜ、多くの歯科医師が保険診療ルールを正しく知らないのか?
  • 個別指導の対象と目的について、正しい知識をお持ちですか?
  • 個別指導の形態と内容を知ろう
  • 集団指導の詳細
  • なぜ、個別指導の実施対象となるのか?
  • 指導実施通知を受け取ったあと、なぜ困惑するのか?
  • 集団指導を欠席するリスク
  • 個別指導の実施対象が選定される仕組み
  • 準備できないと最悪! 個別指導の主な持参物とは?
  • 個別指導へ持参するカルテの詳細
  • 個別指導の当日、具体的にどのような流れで指導を受けるのか?
  • 個別指導の当日、具体的にどのような指摘を受けるのか?
  • 個別指導の当日、カルテのどの部分をチェックされるのか?
  • 担当官は、カルテのここを見ています!
  • 個別指導が終わったあと、どのようなステップが待っているのか?
  • 個別指導の結果は、4種類あることを知っていますか?
  • 個別指導後、具体的にどのような処分を受けるのか?
  • 多くの歯科医師が知らない、不正請求と不当請求の詳細
  • どのようなケースが、監査行きになるのか?
  • 指定・登録取り消しになるケースについて
  • 取り消し相当とは?
  • 年間、どれだけの歯科医院が取り消しになっているか、知っていますか?

■知らなければ後悔する「保険診療のルール」を知ろう!

  • なぜ、この保険診療の基本的ルールが知られていないのか?
  • 個別指導で、必ずチェックされる保険診療ルールとは?
  • 個別指導で困らないための、カルテ記載のポイント
  • カルテ記載の訂正で、こんな間違いをしていませんか?
  • 知らなければ怖い! カルテにおける、傷病名記載上の留意点
  • 担当官はここを見ている! カルテ記載における、具体的な注意事項
  • ミスが多い! レセコンなど、OA機器でカルテを作成する場合の注意事項
  • 個別指導でチェックされる、カルテ記載内容と診療報酬請求の整合性
  • 個別指導で求められるレベルの情報提供文書とは?
  • これは必読!歯科保健点数で失敗しないためのテキスト
  • なぜ、レセコンの過信が危ないのか?(よくあるミス)

■カルテ記載が命運をわける!個別指導の指摘事項

  • 個別指導で泣かないための、カルテの正しい取り扱い方
  • 基本診療のカルテ記載で、必ず守るべきこと
  • 医学管理のカルテ記載で、必ず守るべきこと
  • 歯科疾患管理料の算定で、こんな間違いをしていませんか?
  • 歯科衛生実施指導料の算定でよくあるミス
  • 義歯管理料の算定でよくあるミス
  • 多くの歯科医師があいまいに理解している、訪問診療の事務処理
  • 個別指導で指摘を受ける! 検査結果の記載不十分ケースについて
  • 歯周基本検査の算定で、不適切として個別指導の指摘を受けた事項
  • 画像診断の算定で、不適切として個別指導の指摘を受けた事項
  • 投与において、こんなミスが担当官から突っ込まれる!
  • 歯周治療のカルテで、こんなミスをしていませんか?
  • 処置では、いくつかのポイントに注意してカルテを記載しなければ指摘を受けます
  • 手術における、カルテの正しい記載方法
  • 歯冠修復および欠損補綴でも、カルテにわずかな不備があると個別指導対象です
  • 保険外診療における、適切なカルテ記載方法
  • 事務的なミスで、個別指導の指摘を受けないために

すばらしい仲間との出会いが待っています

個別指導の実態を知る歯科医師は多くありません。

そのため、多くの先生が、得体の知れない恐怖や不安を感じていらっしゃいます。

ですが、今回のセミナーに参加すれば、もう心配ありません。

小出先生が教える、個別指導の対策は机上の空論ではなく、
明日から取り組めるほど再現性に優れた、具体的なノウハウです。

知っているかどうかで、個別指導の当日までの感情が大きく変わります。

個別指導の通知がきたとき、恐怖に震え、不安で押しつぶされそうになるのか?

それとも、自信満々で個別指導を受け、笑顔のままで帰宅するのか?

先生は、どちらを選びますか?

もちろん、個別指導の対策を正しく実施していれば、
監査行きになり、最悪、保険の資格を失うリスクも激減します。

この先、医院を経営し続けるうえで、個別指導は避けられません。

どれだけ、先生がまじめに診療していても、
個別指導の通知は、ある日突然やってくるものなのです。

だからこそ、対策を万全にし、平穏な心で診療を続けることが
幸せな歯科医師ライフを送るうえで、欠かせないことだと思いませんか?

セミナー参加費用は、本気の先生ならば誰もが、お申し込みいただける価格となります

今回のセミナーは、参加費50,000円(税抜)です。

先生も知ってのとおり、個別指導対策について
具体的なノウハウが学べる機会はめったにありません。

また、講師が先生と同じ開業歯科医師となると
おそらく、国内では小出先生しかいないでしょう。

小出先生の本業は歯科医師なので、セミナー開催日は不定期です。

ぜひ、このチャンスをお見逃しなく。

ただし、先生は、今回の実習セミナーへご参加いただけないかもしれません…

セミナーには、なるべくたくさんの方にお越しいただきたい、という気持ちはあります。

しかし、今回のセミナーは、ご参加いただいた先生の疑問には、どんな内容でも、
しっかりと答えさせていただきたいという想いを、小出先生はお持ちです。

せっかく、先生の貴重なお時間を割いて、いらっしゃるわけですから、
「本当に、このセミナーへ来て良かった!」と思っていただきたいのです。

ですから、今回のセミナー参加人数は限定いたします。

セミナーへご参加いただけるのは、先着20名様のみ。

席数も最大20席しかありませんので、これ以上の増枠は考えておりません。

このご案内は、先生を含めて、約4,000名の歯科医師へお送りしております。

ご参加いただけるのは、先着順となります。

小出先生のセミナーは、毎回、即満席になるほど人気なので
今回のご案内もすぐに、20名の枠が埋まることが予測できます。

お申し込みはお急ぎください。

個別指導に悩む870人の歯科医師をサポートしてきた“現役歯科医師”が教える「失敗しない個別指導対策」セミナー

■会場
東京八重洲ホール
東京八重洲ホール 612会議室
〒103-0027
東京都中央区日本橋3-4-13 新第一ビル
TEL:03-3201-3631

<アクセス>
・JR東京駅 八重洲中央口 徒歩3分

■ 地図
■ タイムテーブル
09:30 開場
10:00 個別指導の概略の説明と実施状況
11:00 個別指導対策と準備の詳細 
12:00 昼食休憩
13:00 保険診療のルールの概説
14:00 個別指導の指摘事項 不正請求の実例
15:00 診療録(カルテ)記載のポイント
16:00 終了

実際に小出先生のセミナーを受けられた受講者のご感想

今まで知らなかった指導の実態やカルテの正しい記載方法がよく分かり、楽しかった。

T.Y様


漠然とし、不安でしたが、行うことが明瞭に向かうことができました。明日の診療から少しずつ、改善していきたいと思います。

K.N様


個別指導の不安感が軽くなった。まずは、持参物、レセコンのカスタマイズに取り組みたいと思います。保険のルールが理解できた。指導の目的と私たちが求められていることが分かった。

K.I様


日ごろの診療の請求を十分に気をつけていく。歯科疾患管理の取り扱い、実地指導。

E.G様


個別指導がどういうものであるか、また、その対応等について分かりやすく説明していただきありがとうございました。明日からは、カルテの記入方法も含めて気をつけていきたいと思います。

山口 和郎様


今までまったく正しい書き方が分からず、DVDを見て今までのやり方では大変なことになることが分かりました。今回のセミナーで、さらに詳しい書き方が分かり、明日からのカルテ書きが楽しくなりました。また、小出先生とお知り合いになって、もし個別指導がきたときにサポートしてくれると言ってくれたので安心して診察ができます。

飯島 倖央様


※受講者の感想文の一部

「セミナー前日までのキャンセルなら半額返金いたします」

お申込みいただいてから、もし、何かの都合でセミナーの前日までに参加できないことがわかれば、当社までお電話かメールでご連絡ください。セミナー代金としてお支払いいただいた費用の半額を7日以内に返金させていただきます。返金振込手数料や事務手数料などは一切かかりません。ただし、上記の期限を超えてのキャンセルまたは無断キャンセル(ご連絡がなかった)の場合は、返金に応じられません。あらかじめご了承ください。

※最少催行人数(3名)に達しなかった場合には、開催が中止となる場合がございます。万が一、中止となる場合の連絡は開講日の約1週間前に行います。また、受講料は全額ご返金させて頂きます。ただし、中止に伴うご不便、旅費や宿泊費等の費用、その他の個人的損害について、弊社では責任を負い兼ねます。恐れ入りますが、あらかじめご了承ください。

募集を終了しました。
※受講枠が埋まり次第、受付を締め切ります。

弊社のお申込フォームは、シマンテック社のセキュリティ・システムを利用し、個人情報保護・セキュリティ強化のためSSL暗号化通信を採用しています。

Q&A

Q、すでに、個別指導の通知を受けてしまったのですが…
個別指導の対策は準備が命です。すでに手遅れの対策もあるかもしれませんが、セミナーを受講すれば、今からでも間に合う対策が必ず見つかります。
Q、新規開業の個別指導でも役立ちますか?
役立ちます。個別指導は新規開業向けであっても、そうでなくても基本の内容は同じです。ぜひ、セミナーで学べるノウハウを正しく実践し、笑顔のままで個別指導を終えましょう。
Q、東京以外で同じセミナーを開催する予定はありますか?
現在のところは未定です。小出先生は、個別指導コンサルだけではなく、日常の医院業務でもお忙しくされておりますので、次回、セミナーが開催できる日程は、現在のところ未定です。
「セミナー前日までのキャンセルなら半額返金いたします」

お申込みいただいてから、もし、何かの都合でセミナーの前日までに参加できないことがわかれば、当社までお電話かメールでご連絡ください。セミナー代金としてお支払いいただいた費用の半額を7日以内に返金させていただきます。返金振込手数料や事務手数料などは一切かかりません。ただし、上記の期限を超えてのキャンセルまたは無断キャンセル(ご連絡がなかった)の場合は、返金に応じられません。あらかじめご了承ください。

※最少催行人数(3名)に達しなかった場合には、開催が中止となる場合がございます。万が一、中止となる場合の連絡は開講日の約1週間前に行います。また、受講料は全額ご返金させて頂きます。ただし、中止に伴うご不便、旅費や宿泊費等の費用、その他の個人的損害について、弊社では責任を負い兼ねます。恐れ入りますが、あらかじめご了承ください。

募集を終了しました。
※受講枠が埋まり次第、受付を締め切ります。

弊社のお申込フォームは、シマンテック社のセキュリティ・システムを利用し、個人情報保護・セキュリティ強化のためSSL暗号化通信を採用しています。

追伸

セミナーに参加できるのは、先着20名様限定です。

今回のご案内は、先生を含めて、約4,000名の歯科医師へお送りしており、
ご参加いただけるのは、先着順となりますので、お申込みはお急ぎください。

小出先生のセミナーは、毎回、即満席になるほど人気なので
今回のご案内もすぐに、20名の枠が埋まることが予測できます。

ご参加いただけるのは、先着20名様までとなりますから、今すぐ、お申込みください。

「セミナー前日までのキャンセルなら半額返金いたします」

お申込みいただいてから、もし、何かの都合でセミナーの前日までに参加できないことがわかれば、当社までお電話かメールでご連絡ください。セミナー代金としてお支払いいただいた費用の半額を7日以内に返金させていただきます。返金振込手数料や事務手数料などは一切かかりません。ただし、上記の期限を超えてのキャンセルまたは無断キャンセル(ご連絡がなかった)の場合は、返金に応じられません。あらかじめご了承ください。

※最少催行人数(3名)に達しなかった場合には、開催が中止となる場合がございます。万が一、中止となる場合の連絡は開講日の約1週間前に行います。また、受講料は全額ご返金させて頂きます。ただし、中止に伴うご不便、旅費や宿泊費等の費用、その他の個人的損害について、弊社では責任を負い兼ねます。恐れ入りますが、あらかじめご了承ください。

募集を終了しました。
※受講枠が埋まり次第、受付を締め切ります。

弊社のお申込フォームは、シマンテック社のセキュリティ・システムを利用し、個人情報保護・セキュリティ強化のためSSL暗号化通信を採用しています。