血液検査を予防医学的に解析する

血液検査から欠損栄養素を解析する

歯周病予防のための栄養学




日本がスウェーデンになる日を夢みて

歯科不況と言われ数年が経ちました。

  • 歯科医院の増加
  • 受診患者数の減少
  • 保険点数の低下

など、いまだに、歯科医院のとりまく環境は良くありません。ですが、我が国も、スウェーデンのように予防歯科が浸透すれば、 多くの歯科医院が、今よりも元気になるのは、いうまでもありません。

我が国に予防歯科が浸透すれば、先生の医院には、 毎月一定の患者さんが来院し続けます。自費診療が成約できなくても、マーケティングがうまくなくても経営は安定するでしょう。

そしてなによりも、多くの国民が予防歯科により、すばらしい健康を手にするでしょう。 予防歯科は、患者さんと歯科医院にメリットがある、すばらしい治療です。

しかし、現状をみると、日本がスウェーデンのような 「予防歯科の先進国」になるとは思えません。


なぜ、予防歯科の導入に成功しているクリニックが少ないのか?

予防歯科の導入に成功しているクリニックは、ひとにぎりです。いまだに多くの歯科医院が、 対処療法をメインに医院を経営しています。これは仕方がないことかもしれません。

人間は、健康を失ってはじめて、健康の大切さを知ります。

病気を患ってはじめて、予防の大切さを知ります。病気になる前から予防目的で通院できる人は、歯科だけではなく、医科においてもめずらしい存在です。


でも、予防歯科で成功している歯科医院があるのも事実…

弊社は、これまで多くの歯科医師へ取材してきました。

  • 世界的な学会でも論文発表するスーパードクター
  • 100%自費で成功しているクリニックの院長
  • 訪問診療の導入に成功しているクリニックの院長
  • 分院展開に成功しているクリニックの院長
  • 総義歯作製のスペシャリスト
  • インプラントのスペシャリスト
  • エンドのスペシャリスト

など、本当に多くの歯科医師へ取材してきました。このような経験を踏まえて言いますが、予防歯科で成功している歯科医院はあります。

今回お伝えするのは、実際に予防歯科の導入で成功している人気クリニックの技術。

講師の名は「清水英寿」先生。

清水先生の医院は、1ヵ月予約待ちの人気歯科医院。

しかも、補綴物の自費率が100%で、予防歯科の導入にも成功しています。

清水歯科医院院長、歯学博士(歯周病学)/清水英寿先生

清水英寿先生
群馬県で清水歯科医院を開業。メタルフリー治療を掲げ、補綴の自費率は100%。その優れたメタルフリー治療を受けるため、全国から患者が来院し、1ヵ月予約待ちの人気クリニックとなる。また、CAD-CAMを日常臨床で使いこなし、シロナに発注するセレック用のブロックの数は、日本の歯科医院で1位。「日本で一番CAD-CAMのブロックを使う歯科医院」である。

【所属】
日本歯科東洋医学学会理事
日本歯周病学会会員
日本口腔インプラント学会会員
ホロトロピックハイルシュトーレン監修・代表
株式会社清水捺染専務取締役
群馬県昆虫学会会員
【出版】
実践 口腔内科
2014年、現代書林より「実践 口腔内科」を出版


予防歯科の導入に成功する秘訣
それは「口腔内科」にあります

なぜ、清水先生は、予防歯科の導入に成功しているのか?

その秘訣は、既存の歯科医療の枠組みにしばられない「口腔内科」にありました。

口腔内科とは「未病」を口の中から歯科医師が確認し、指導・改善する、これまでにない新たな治療法です。

(未病とは?…東洋医学の病理概念。病気ではないが、病気に向かいつつある状態のこと)

歯周病が心臓疾患や糖尿病リスクと関係することは、先生も、すでにご存じでしょう。最近では、歯周病と腸内フローラの関係についても注目されています。 このように、口腔は全身を投影する鏡です。「口腔内科」は、清水先生が東洋医学など、あらゆる医学的見地から全身と口腔との関係を研究し、歯科で治療を実践できるように体系化した治療技術なのです。


歯科医師が未病を見つけ、管理する治療システム=「口腔内科」


キーポイントは、
歯科診療のレベルを超えた細菌検査

「口腔内科」を実践するうえで欠かせないこと。それは「細菌検査」です。口腔内の細菌を正しく検査することで、あらゆる未病を発見することができます。 そして、適切に患者指導を実施することで、未病を防げます。また、細菌検査の結果は、予防歯科の導入でも有効です。

なぜなら、未病リスクを患者さんへ教育するときや、 治療後の結果を患者さんへお伝えするとき「目に見えるデータ」をお渡しできるから。

予防歯科の導入が難しい理由の1つに、 「目に見える効果を実感できない」というものがあります。

ですが、口腔内科なら、細菌検査による目に見えるデータや数値で、患者さんが正しく理解すべきことを教育できます。 今回、先生の医院で「口腔内科」を実践するために必要な知識と技術が学べるセミナーを企画いたしました。

セミナー内容の一部をご紹介すると…



「先生、治療をお願いします!」まさか、うちの小さな娘が自分で言うなんて・・・、今どきのママから熱い信頼を得る!年商1億円を突破したい先生のための小児歯科で安定経営を実現する方法 遂に開催!「子供に大人気!小児予防歯科診療アカデミー」

基本知識

  • 歯科医院は「街の保健室」になれるか?
  • 口腔は全身を投影する鏡
  • 口相=腸相
  • 口腔内で腸内を予測できる
  • 感染症とは?
  • 生活習慣病とは?
  • 未病とは?
  • 平成24年 厚生労働省の健康施策で知るべきこと
  • 医科と歯科のすみわけ
  • なぜ、予防をする際、細菌検査を主体とした口腔内検査が必要か?
  • 細菌検査がもたらすメリット
  • 顕微鏡像を、患者さんを脅すためのツールとして使っていないか?

問診

  • う蝕の問診事項
  • 歯周内科の問診事項
  • 歯臓内科の問診事項
  • 冷え性の問診事項

診査・検査

  • 保険の検査に準ずる診査・検査
  • 口臭検査と効果判定(心身に有害な3種類の毒ガスおよび雑臭の測定)
  • 唾液検査(う蝕・歯周病の抵抗因子となる唾液の量と質の確認)
  • う蝕関連菌培養検査(乳酸桿菌、舌ミュータンス連鎖球菌、
    歯牙周囲のミュータンス連鎖球菌について培養測定)
  • 噛み癖を改善する咬筋リセット
  • 顕微鏡像検査(各菌の確認を正しく行い、未病を予測)
    ・真菌の観察
    ・細菌の観察
    ・乳酸菌の観察
    ・白血球の観察
    ・赤血球の観察
  • 歯周病関連菌検査
  • う蝕関連菌検査
  • 除菌後のう蝕関連菌の精査
    (唾液中の乳酸桿菌とミュータンス菌の変化を確認)
  • PMTCの目的
  • 効率的な3DS
  • 歯周病予防プログラム

口腔内科を日常臨床に活かし
こんな結果を手に入れませんか?

  • 他院が入り込めない分野で1人勝ち
    口腔から全身の未病にアプローチできる歯科医師は、ほとんどいません。つまり、この「口腔内科」を日常臨床に活かせば、先生は、他院との違いを明確に打ちだせ、他院が入り込めない分野で1人勝ちできます。
  • 新たな患者層を開拓し、新患を増やす
    当然のことですが、歯科医院で提供する治療は、どの医院も似たり寄ったりです。つまり、同じ技術で、同じ患者さんを奪い合っているのです。ですが「口腔内科」を日常臨床に活かせば、先生は、他の歯科医院が手をだせない、新たな患者層を独占できるのです。
  • 予防歯科の取り扱いに成功する
    「口腔内科」の細菌検査法を活かせば、先生は、予防歯科の重要性を、患者さんへ簡単に教育できます。予防歯科による治療効果も、わかりやすいデータでお伝えできます。その結果、患者さんのモチベーションを高め、予防歯科受診数を増加できます。


「先生、治療をお願いします!」まさか、うちの小さな娘が自分で言うなんて・・・、今どきのママから熱い信頼を得る!年商1億円を突破したい先生のための小児歯科で安定経営を実現する方法 遂に開催!「子供に大人気!小児予防歯科診療アカデミー」
■ 場所
東京八重洲ホール 800会議室
東京八重洲ホール 800会議室

〒103-0027
東京都中央区日本橋3-4-13 新第一ビル

<アクセス>
JR東京駅 八重洲中央口 徒歩3分
■ 地図
■ タイムテーブル
09:30 開場
10:00 スクリーニングとしての診査
    (カリエス検査、口臭測定、顕微鏡診査)
12:00 昼食休憩(お弁当はこちらでご用意します)
13:00 分子栄養素予防医学(歯科向けオーソモレキュラー)について 16:00 閉会
■ セミナー要旨
歯周病は感染と同時に老化・栄養素の欠損・貧血 ・肥満その他の全身疾患等の影響を受ける。そこで、これからの歯科医も医科同様、血液検査を読む必要がある。生活習慣病のように長い潜伏期間がある病気は、未病のうちに歯科医が対処できる 血液検査の値を予防医学的に解析して、歯周病のケアと同時に、心身のコンディションも改善できる。主に、未病、家系的弱点、栄養素の欠損を確認する。それにより、動的平衡理論では、心身の不調の75%は改善できる。また、血液検査をもとに、欠損栄養素を探すことで、エビデンスに基づいたサプリメントの提供ができる。
2019年5月26日(日)10:00~16:00
先着限定20席
今なら 50,000円(税込54,000円)

講習会の参加人数をお選びください:
席が埋まり次第、受付終了 次回の開催予定は未定です VISA/MASTER/JCB

※最少催行人数(3名)に達しなかった場合には、開催が中止となる場合がございます。万が一、中止となる場合の連絡は開講日の約1週間前に行います。また、受講料は全額ご返金させて頂きます。ただし、中止に伴うご不便、旅費や宿泊費等の費用、その他の個人的損害について、弊社では責任を負い兼ねます。恐れ入りますが、あらかじめご了承ください。

「セミナー前日までのキャンセルなら半額返金」

お申し込み頂いてから、もし、何かの都合でセミナーの前日までに参加できないことがわかれば、当社までお電話かメールでご連絡ください。受講料の半額を7日以内に返金させて頂きます。ただし、上記の期限を超えてのキャンセルまたは無断キャンセルの場合は、返金に応じられません。あらかじめご了承ください。

Q&A

Q、DVDとの違いは?
違いは3つあります。1つめは、口腔内科について清水先生から直接教わること。2つめは、清水先生に直接質問ができること。3つめは、意識の高い先生たちと、お知り合いになれることです。
Q、DVDを購入していなくても、内容を理解できるでしょうか?
事前にDVDをご覧いただいた方が、よりスムーズに習得いただけますが、ご覧いただいていなくても習得できるような内容にしています。
2019年5月26日(日)10:00~16:00
先着限定20席
今なら 50,000円(税込54,000円)

講習会の参加人数をお選びください:
席が埋まり次第、受付終了 次回の開催予定は未定です VISA/MASTER/JCB

※最少催行人数(3名)に達しなかった場合には、開催が中止となる場合がございます。万が一、中止となる場合の連絡は開講日の約1週間前に行います。また、受講料は全額ご返金させて頂きます。ただし、中止に伴うご不便、旅費や宿泊費等の費用、その他の個人的損害について、弊社では責任を負い兼ねます。恐れ入りますが、あらかじめご了承ください。

「セミナー前日までのキャンセルなら半額返金」

お申し込み頂いてから、もし、何かの都合でセミナーの前日までに参加できないことがわかれば、当社までお電話かメールでご連絡ください。受講料の半額を7日以内に返金させて頂きます。ただし、上記の期限を超えてのキャンセルまたは無断キャンセルの場合は、返金に応じられません。あらかじめご了承ください。