「看板をださなくても予約が埋まる歯内療法専門医が伝授」なぜ、この症例は抜歯がダメなのか?理由を知りたい先生は今すぐ読み進めてください 歯内療法の失敗しない診査診断テクニックを遂に公開

上顎4番の根尖の透過像があり、怪しい線もみられますが、多くの先生が「歯根破折」と勘違いし、抜歯してしまいます。実は、抜歯NGな症例にもかかわらず…



他にも、こんな間違いを
していませんか?


Q 「この6番に疑われる問題とは?」

答え

健康な歯に思えたかもしれませんが、「垂直性歯根破折」で抜歯が必要な症例です



もし、この問題に正解できなかったとしても、ご安心ください。今回お伝えする知識とテクニックを習得すれば、先生は、このような症例に適切な対応ができるようになります。つまり、先生は、もっと正確に歯内療法を診査診断できるようになるのです。

しかも、2歯根尖含有病変、フェネストレーション、垂直性歯根破折など、診断が難しい症例に遭遇しても、それを的確に見抜ける能力が備わるのです。歯内療法の診査診断で失敗したくない先生は、今すぐこのご案内を読み進めてください。


歯内療法を迷宮化させる
犯人は誰か?

歯内療法、つまり根管治療は多くの歯科医師を悩ませる治療分野のひとつ。その理由に、根管形成や充填の難しさを挙げる先生も多いのですが、診査診断の難しさも無視できない理由だと思いませんか?

いかなる治療もそうですが、診査診断を誤ると適切な治療を選択できません。その結果、思うような治療効果が得られない…。 根管治療の場合、このケースは決して珍しくありません。

例えば先生も、根管治療において、何をどうやっても痛みがとれないケースや、正しく治療できたはずなのに、なぜか再発してしまうケースに遭遇したことはありませんか?

このようなケースで疑われるのは、診査診断の誤り。最初の段階で、歯内療法を迷宮化させる真犯人を、見逃してしまっているのです。

原因が曖昧なまま
まず、治療してみるという
やり方は危険

根管治療の診査診断は、容易なものと困難なものがあります。容易なものとしては、「う蝕や、根尖性歯周炎など、明らかな疾患がみられるケース」と「患歯がすぐに特定できるケース」が挙げられます。

このようなケースならば、先生も診断を間違えることはないでしょう。しかし、問題は診査診断が困難なケース。「患者さん自身が、どの歯が痛むのかをわかっていない」「口腔内視診など、一般的な検査で特に異常がみられない」「X線やCTを見ても、どこに問題があるのか特定できない」

このようなケースに遭遇したとき、先生はどうしますか? 実は、多くの先生が経験を頼りに診査診断を進めます。また、原因が曖昧なまま「まずは、治療してみる」という先生もいらっしゃいます。

歯内療法専門クリニックを開業し、これまでに多くの根管治療の難症例を解決してきた吉岡隆知先生は、この状況に警笛を鳴らします

歯内療法専門クリニックが
推奨する診査診断における
3つのポイント

吉岡先生はおっしゃいました。もし、診査診断が困難な症例に遭遇したら、「経験や勘に頼った診断」や「まずは治療」という考え方は危ないと…。少なくとも、以下の観点をもって診査診断しなければ、適切な治療の選択は難しいとおっしゃいました。

ポイント①先入観にとらわれないこと」
たとえば「根尖病変があるから、この歯が痛いんだろう」のような、安易な予測は禁忌。

ポイント②可能性を排除しないこと」
例えば「垂直性歯根破折」は、どの歯でも発生する問題だから、この可能性を排除してはならない。また、これまでに遭遇したことのない、他の珍しい病変も疑うべき。

ポイント③
複数の疾患複数の患歯が関与することを考える」

原因は必ずしも1本の歯ではない。複数の歯や疾患が関与している可能性を疑うこと。

もし、根管治療の診査診断で、このような観点を持っていなかったらどうなるのか? 最悪の場合、不要な抜髄をして、必要な抜髄をしないというような治療を提供することになるのです。

つまり、先生と患者さんにとって、最悪の結果を生んでしまうことに…。そうならないための方法を、今回、先生へお伝えする準備が整いました。今回、先生が手に入れるのは、歯内療法専門医としてトップレベルの実力を持つ、吉岡先生の診査診断テクニックです。

吉岡隆知先生
吉岡隆知先生
■プロフィール
東京都千代田区で歯内療法専門の吉岡デンタルオフィスを開業。他院からの紹介がメインのため、クリニックの看板はだしていないが、それでも、毎日多くの根管治療患者が来院する。歯内療法で膨大な治療実績を持つ臨床家として活躍するだけではなく、歯内療法の研究、教育にも精力的に携わり、多くの受賞実績を持つ。

■略歴
昭和59年 青森県立弘前高等学校 卒業
平成03年 東京医科歯科大学 歯学部 卒業
平成08年 東京医科歯科大学 大学院歯学研究科 卒業
平成08年 博士(歯学) 学位取得
平成08年 東京医科歯科大学歯学部附属病院 医員
平成09年 日本学術振興会 特別研究員
平成12年 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 助手
平成19年 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 助教
平成22年 吉岡デンタルオフィス開設
平成20年~26年 明海大学非常勤講師
※継続中の職務
平成22年~ 東京医科歯科大学非常勤講師
平成23年~ 日本歯科保存学会評議員
■資格
平成13年~ 日本歯科保存学会専門医
平成22年~ 日本歯科保存学会指導医
平成25年~ 日本歯内療法学会専門医
■受賞
2006年 日本歯内療法学会関東甲信越静支部大会 鈴木賢策賞
2006年 日本歯科医学教育学会第5回システム開発賞
2006年 日本歯内療法学会雑誌 優秀論文賞
2008年 日本歯内療法学会 大会長賞受賞
2008年 日本歯科保存学会学術賞
2012年 日本歯内療法学会学術大会 WAKAI賞
2015年 日本歯内療法学会学術大会 デンツプライ賞
2017年 関東歯内療法学会 関東歯内療法学会賞
■講師
2002年 学際企画 講師
2002年 弘前歯科医師会学術講演会 講師
2002年 東京医科歯科大学同窓会青森支部学術講演会 講師
2003年 JEA関東甲信越静支部第7回サマーセミナー 講師
2003年 第10回日本歯内療法学会認定医セミナー 講師
2005年 金沢CCCS勉強会 講師
2006年 第11回日本歯内療法学会関東甲信越静支部大会 シンポジスト
2007年 第12回日本歯内療法学会関東甲信越静支部大会 シンポジスト
2007年 東京都歯科医師会主催卒後研修会 講師
2008年 第21回日本歯科医学会総会 シンポジスト
2009年 第63回特定非営利活動法人 日本口腔科学会学術集会 講師
2009年 明海大学FD研修会 講師
2009年 長野市歯科医師会・臨床座談会 講師
2010年 先端口腔機能研究所 講師
2010年 JODS 講師
2010年 歯科画像研修講座第7回研修会 講師
2010年 CTG勉強会 講師
2010年 お茶の水EBM研究会 講師
2011年 習志野市歯科医師会主催講演会 講師
2011年 第18回日本歯内療法学会専門医セミナー 講師
2012年 みくに工業主催根管洗浄セミナー 講師
2012年 東北大学歯学部同窓会主催講演会 講師
2012年 長野デンタルショー 講師
2012年 千代田区歯科医師会主催講演会 講師
2012年 福岡 歯内治療講演会 講師
2012年 兵庫県保険医協会主催講演会 講師
2012年 歯科画像研修講座第8回研修会 講師
2013年 JEA関東甲信越静支部ウィンターセミナー 講師
2013年 ADCセミナー 講師
2013年 WDSCセミナー 講師
2013年 第17回JEA関東甲信越静支部ウィンターセミナー 講師
2013年 足立区歯科医師会主催講演会 講師
2013年 九州御茶ノ水会主催講演会 講師
2014年 東京医科歯科大学千葉県同窓会主催講演会 講師
2014年 バイオオルソ研究会主催講演会 講師
2014年 ADCセミナー 講師
2014年 東京松風歯科クラブ 講師
2014年 目黒区歯科医師会主催講演会 講師
2014年 JEA東北支部会設立準備会学術講演会 講師
2015年 橋本会計歯科経営セミナー特別講演 講師
2015年 青森県歯科医師会第38回会員研修発表会特別講演 講師
2016年 CDRI 講演会 講師
2016年 JEA研修会(広島) 講師
2016年 第37回歯内療法学会デンツプライ賞受賞者講演
2016年 関東労災病院地域連携講演会 講師
2017年 インプラント科同門会講演会 講師
2010年~ 白水貿易主催マイクロエンド実習会アドバンスコース 講師
2011年~ YDOセミナー主催(全8回コース)
2012年~ 歯内療法症例検討会主催
など
■著書・共著
・臨床で困らない歯内療法の基礎(クインテッセンス出版)
・エンド治療Q & A (共著:医歯薬出版)
・Contemporary Endodontics (共著・デンタルダイヤモンド)
・2016年 ザ・クインテッセンス 1年間連載
・2016年 歯界展望1~6月号 連載


歯内療法専門医として培ってきた
診査診断の技術を公開

吉岡先生のクリニックは、歯内療法専門の歯科クリニック。他院からの紹介がほとんどのため、看板もだしていませんが予約は常に埋まっています。

つまり、吉岡先生のクリニックには、他院ではどうすることもできない根管治療の患者さんが、毎日たくさん来院し続けており、その多くをすばらしい治療で改善してきました。

このような経験で培ってきた吉岡先生の歯内療法は言うまでもなく本物。今回、先生が学べる歯内療法の診査診断テクニックは、絵に描いた餅でも、机上の空論でもありません。

困難な根管治療症例を数多く成功させてきたエンドのスペシャリストが公開する、実践的な臨床技術なのです。

歯内療法の症例を読影クイズ形式で
学び、本物の診査診断力が磨ける

今回のセミナーは、実践的な診査診断技術を習得していただけるよう、新たなコンセプトで企画いたしました。

それは、講義形式で吉岡先生の診査診断技術を学んだあと、歯内療法の症例を先生ご自身で診査診断を進める「読影クイズ」の講座です。

知識は覚えるだけではなく、実際に使ってこそ、はじめて身に付くもの。この読影クイズの講座は、新たにインプットした知識をアウトプットするためのものです。20症例以上のクイズにトライすることで、先生は、確実に歯内療法の診断スキルを向上できます。


本来ならば理解が困難な内容でも
わかりやすく学べて、
必ず理解できる

吉岡先生が解説する歯内療法の診査診断技術は、基本的なものだけではありません。2歯根尖含有病変、フェネストレーション、垂直性歯根破折など、診断の難しい症例についても、その診査診断技術や治療の進め方などを解説します。本来であれば理解が難しい分野になりますが、ご安心ください。

吉岡先生は、長年、大学病院で学生や院生、研修医の教育に携わってきました。そのため、教えることに長けており、どれだけ難しい内容でも、シンプルにわかりやすく解説してくれます。

このセミナーで学べば、この先どれだけ難症例に遭遇しても、診査診断を間違えないスキルを確実に習得していただけます。



「先生、治療をお願いします!」まさか、うちの小さな娘が自分で言うなんて・・・、今どきのママから熱い信頼を得る!年商1億円を突破したい先生のための小児歯科で安定経営を実現する方法 遂に開催!「子供に大人気!小児予防歯科診療アカデミー」

  • 今さら聞けない歯内療法診断の基本
    歯内療法の診断には、3つの基本があります。今さら聞けないことかもしれませんが、曖昧に理解していると正確な診断は遠のきます。
  • 歯内療法の診査方法
    歯内療法における画像診断と口腔内診査の詳細を、もう一度復習しておきませんか?
  • 主訴「右上が痛い」の症例から学ぶ診断ポイント
    患者さんは、具体的にどの歯が痛むのかを特定できません。こんなとき、先生ならば、どうやって診断をつけますか?
  • 歯髄診査の方法
    電気診と寒冷診がありますが、どちらの方が正確でしょうか? 最近の研究によると、これまでの常識とは考え方が変わってきているのです。
  • 歯髄診査で確認すべきこと
    歯髄診査は重要ですが、この診査だけで歯髄の状態は診断できません。では、何のために歯髄診査をやるのか?
  • 「不可逆性歯髄炎が治った」という表現の間違い
    可逆性歯髄炎と不可逆性歯髄炎は、臨床的に区別できません。つまり、不可逆性歯髄炎が治ったという表現はあり得ないのです。
  • 歯冠形成による歯髄の運命とは?
    修復物装着時に、可逆性歯髄炎に移行するなど、歯髄の状態は、治療過程によって常に変化します。この詳細を知ることが、最適な治療の選択につながります。
  • 不可逆性歯髄炎を、もっと詳しく学ぼう
    「最近、ズキンという痛みがあり、熱いものでしみる…」という患者さん(1年前に歯髄保存治療)が来院したケースを例に、その具体的な治療法を解説します。
  • 急性歯髄炎の治療例
    他院からの紹介症例です。数年前にう蝕処置をしてから冷温痛が出現。抜髄せず、歯髄保存処置を継続したが激痛が発症。吉岡先生はこの症例を、どのように治療したのか?
  • 右上7番に根尖病変、破折ファイルがある症例
    根管治療が不十分な状態で、根尖性歯周炎を発症していました。非常に難しいケースを紹介されたわけですが、吉岡先生はどのように治療したのか? なぜ、左上8番を無視してはならないのか?
  • 診断に悩む「二歯根尖含有病変」について
    2歯の根尖を含む病変のことですが、多くの先生が診断に悩みます。より正確に診断するための知識を、この機会に学びませんか?
  • 二歯根尖含有病変の症例解説
    難治症例として片づけ、ズルズルと治療を長引かせないためには、どのような検査、診断、治療が求められるのか?
  • 歯髄があるリスクについて
    近年、歯髄保存が重要視されていますが、場合によっては抜髄が最適な治療があります。歯髄があるリスクを適切に判断するには?
  • 下顎の第一小臼歯と第二小臼歯にまたがる大きな病変
    多くの先生がX線写真で勘違いしてしまうこととは? う蝕がなく、問題ないと思われていた4番が、なぜ、問題になっているのか?
  • 根尖病変の正しい治療法
    原因をみつけて対処すれば、多くの根尖病変は治ります。ただし、根尖部透過像があるからといって、すぐに根管治療をするのはよくありません。
  • 破折ファイルを除去すべきかどうか?
    症例によっては、破折ファイルを除去しなくてもよいケースがあります。その理由と見極め方を知っていますか?
  • 根管治療が不十分という定義について
    どのような基準で、根管治療が不十分となるのか? 何をもって根管充填不良と言い切れるのか? 先生は、この質問に即答できますか?
  • 下顎6番の近心根の症例
    この症例は「三根管」あることが、最近注目されており、真ん中の根管は処置の必要があります。
  • 根尖病変も根管治療も問題ないように思える症例だが…
    なぜ、患者さんは症状を訴えているのか? その原因を、どのようにして追及すべきか?
  • 上顎洞の問題について
    上顎洞に問題があると痛みが発生するケースもあります。上顎洞病変の診査にはCBCT撮影が必要です。また、上顎洞の問題は治療効果が高いという側面もあるのです。
  • 根尖部圧痛の原因とは?
    フェネストレーション、根尖部突出の詳細を知っていますか? これらは根尖部圧痛の原因となり得るのです。どうすれば、この2つを診査できるのか?
  • 唇頬側骨面からの歯根尖突出
    上顎と下顎のどちらが多いのか? 根尖突出が多い歯種とは? このような知識を知っているだけでも、多くの症例で診断がやりやすくなります。
  • 垂直性歯根破折と症例解説
    すべての歯で疑うべき疾患ですが、どのような状態だと垂直性歯根破折の可能性が低いと考えられるのか? また、垂直性歯根破折がある場合、どのような治療が求められるのか?
  • 不定期に違和感がある下顎6番の症例解説
    X線から、どのような問題を疑うべきか? なぜ、破折を疑うべきか? 具体的にどのような治療を提供すべきか?
  • 穿孔症例から学ぶ適切な治療法
    穿孔だけなら、どのような治療法が適切なのか? 先生と吉岡先生の治療法には、どのような違いがあるのか?
  • 患歯が特定できない痛みの病気について
    どの歯が痛いのか、患者さん自身がわからない。さらに、症状が定期的でないケースにおいて、どのような診断・対応が求められるのか?
  • 治療して9ヵ月経つが、瘻孔が消失しない症例
    他院からの紹介症例ですが、どうしても瘻孔が消失しない症例でした。吉岡先生の検査によると、実は意外な歯が原因ということが明らかになったのです。
  • 複数の歯科医院で「抜歯」を勧められた症例
    この患者さんは、複数の歯科医院を周りましたが、どのクリニックでも「抜歯→インプラント」を勧められたそうです。吉岡先生は、この症例をどう診るのか?


「先生、治療をお願いします!」まさか、うちの小さな娘が自分で言うなんて・・・、今どきのママから熱い信頼を得る!年商1億円を突破したい先生のための小児歯科で安定経営を実現する方法 遂に開催!「子供に大人気!小児予防歯科診療アカデミー」
■ 場所
東京八重洲ホール
東京八重洲ホール 800会議室

〒103-0027
東京都中央区日本橋3-4-13 新第一ビル

<アクセス>
JR東京駅 八重洲中央口 徒歩3分
■ 地図
■ タイムテーブル
09:30 開場
10:00 はじめに(自己紹介・問題提起・今日のゴール)
10:30 歯内療法の診断とは?
    診査方法、主訴、歯髄診査
12:00 昼食(こちらでご用意します)
13:00 根尖病変について
    2歯根尖含有病変、根管形態の出現率、歯根破折
15:00 読影実習・質疑応答
16:00 閉会
2019年6月9日(日)10:00~16:00
先着限定20席
今なら 50,000円(税込54,000円)

講習会の参加人数をお選びください:
席が埋まり次第、受付終了 次回の開催予定は未定です VISA/MASTER/JCB

※最少催行人数(3名)に達しなかった場合には、開催が中止となる場合がございます。万が一、中止となる場合の連絡は開講日の約1週間前に行います。また、受講料は全額ご返金させて頂きます。ただし、中止に伴うご不便、旅費や宿泊費等の費用、その他の個人的損害について、弊社では責任を負い兼ねます。恐れ入りますが、あらかじめご了承ください。

「セミナー前日までのキャンセルなら半額返金」

お申し込み頂いてから、もし、何かの都合でセミナーの前日までに参加できないことがわかれば、当社までお電話かメールでご連絡ください。受講料の半額を7日以内に返金させて頂きます。ただし、上記の期限を超えてのキャンセルまたは無断キャンセルの場合は、返金に応じられません。あらかじめご了承ください。

Q&A

Q、DVDとの違いは?
違いは3つあります。1つめは、歯内療法専門医の吉岡先生から歯内療法の失敗しない診査診断テクニックを直接教わること。2つめは、吉岡先生に直接質問ができること。3つめは、意識の高い先生たちと、お知り合いになれることです。
Q、DVDを購入していなくても、内容を理解できるでしょうか?
事前にDVDをご覧いただいた方が、よりスムーズに習得いただけますが、ご覧いただいていなくても習得できるような内容にしています。
2019年6月9日(日)10:00~16:00
先着限定20席
今なら 50,000円(税込54,000円)

講習会の参加人数をお選びください:
席が埋まり次第、受付終了 次回の開催予定は未定です VISA/MASTER/JCB

※最少催行人数(3名)に達しなかった場合には、開催が中止となる場合がございます。万が一、中止となる場合の連絡は開講日の約1週間前に行います。また、受講料は全額ご返金させて頂きます。ただし、中止に伴うご不便、旅費や宿泊費等の費用、その他の個人的損害について、弊社では責任を負い兼ねます。恐れ入りますが、あらかじめご了承ください。

「セミナー前日までのキャンセルなら半額返金」

お申し込み頂いてから、もし、何かの都合でセミナーの前日までに参加できないことがわかれば、当社までお電話かメールでご連絡ください。受講料の半額を7日以内に返金させて頂きます。ただし、上記の期限を超えてのキャンセルまたは無断キャンセルの場合は、返金に応じられません。あらかじめご了承ください。