こんな分野にも効果が期待できる技術です

  • 治療も技工も正確に行なったのに、咬みづらい等と言われ、
    補綴物を何度も作り直すことがある
  • 終りの見えない義歯の調整
  • 顎関節症治療で、患者さんに満足していただけるには?
  • 数年経過して、後戻りするような矯正治療を少なくするには?
  • 嚥下障害治療にも治療効果が期待できる
  • 今使っている治療技術を変えずに治療効果が得られる

先生もこんな経験はありませんか?

「正しく治療したはずなのに、患者さんが満足しない」
「同じ技術で治る人と、治らない人の違いは何なのか?」

実は、このような経験を持つ先生は、かなり多くいます。開業している歯科医師のほとんどが、「何をどうやっても満足のいく結果がでない」と悩んだ経験をお持ちなのです。

だからこそ、多くの歯科医師が、新しい治療技術を熱心に学びます。「すべては患者さんに、より良い歯科医療を提供するため」です。先生も、このような想いを持って、新たな治療技術を学び続けていらっしゃるはず。

新たな治療技術を学ぶために、たくさんの時間と情熱、お金を費やしてきたのではないでしょうか?

しかし、どれだけ新しい技術を学び、実践しても思うような結果が得られない…
講師の言うとおり、正しいステップで治療したのに、満足する効果が得られない…

先生も、このように悩んだ経験はありませんか?

なぜ正しく治療しても期待どおりの結果が得られないのか?

正しく治療したのに、期待どおりの結果が得られない…。 この理由について「矯正に強くなる本(クインテッセンス出版)」や「矯正YEAR BOOK(クインテッセンス出版)」などの書籍で有名な「中島榮一郎」先生はおっしゃいました。

中島 榮一郎先生
中島 榮一郎先生
「治せたようで治せていない治療」は、よく見受けられます。たとえば、多くの歯科医師が悩む「精巧な補綴物を作っても咬めない問題」について述べましょう。
歯・顎骨・顎関節・顎筋・顔面筋などで構成される咀嚼運動に直接関係する器官は、中枢(脳)から正しい指令がなければ正しく動きません。つまり、どれだけ精巧な補綴物を作製できたとしても、中枢(脳)からの指令が正しくなければ、正しく機能しないのです。
たとえば「咬み合わせに違和感がある」と悩む患者さんがいたとしましょう。その患者さんへ、精巧な補綴物を作製したとします。しかし、患者さんは満足しない。その後、何度も補綴物を作り直しますが、それでも満足しない。
このようなとき、注意すべきは患者さんの中枢(脳)です。患者さんの中枢(脳)に、以前の間違えた動きが記憶されている限り、先生がどれだけすばらしい補綴物を作製したとしても、正しい機能は得られないのです。
このような事実がありながらも、現代の歯科医療は形態再現分野に偏っており、中枢(脳)に対するアプローチが語られることは、ほとんどありません。だからこそ、多くの歯科医師が「正しく治療できたはずなのに咬めない」と悩むのです。
もし、治療効果を高めたいのであれば、優れた補綴物を作製させることだけではなく、まずは、患者さんの中枢(脳)に注目し、彼らが過去にどのような動きをしてきたかを探すこと。
そして、間違えた動きを正常な動きに近づけてから、その環境の中に、新しい補綴物を作ることが重要です。このような考え方で治療をしなければ「治せたようで治せていない治療」をすることになるでしょう。


※コースアシスタント


平岩 裕一郎 先生
(北名古屋市西春歯科勤務、歯科医師、柔道整復師、歯学博士)

どうすれば正常な動き(本来の動き)に導けるのか?

この問題を解決するうえで有効なのが、中島先生が提唱する「歯科医療のためのPNF」。多くの先生は、これまでに「PNF」という言葉を聞いたことがないかもしれません。PNF(神経筋促通法)とは何か?

わかりやすく言えば「徒手で異常な運動機能を改善させる技術」になります。具体的には筋のストレッチ、運動抵抗、関節の牽引・圧縮などの操作により、運動機能を正常へ近づけます。

「PNF」は、1940年代後半にKabat、Knott、Vossらにより、米国で開発された理学療法の徒手的な治療技術であり、現在は、主に脳卒中のリハビリテーションの技術として各国で普及しています。

今から20年ほど前、日本でも有名なアスリートがトレーニングに取り入れ、パフォーマンスアップに成功したことで話題になりました。中島先生は、このPNFを歯科医療で応用できるようにした歯科医師。

中島先生が提唱する「歯科医療のためのPNF」を、顎関節症や総義歯、インプラント、嚥下障害、矯正治療などの難易度の高い症例にも応用することにより、生体の機能と調和した結果がだせるようになります。

しかも先生が今使用している治療技術を変えずに

この問題を解決するうえで有効なのが、中島先生が提唱する「歯科医療のためのPNF」。多くの先生は、これまでに「PNF」という言葉を聞いたことがないかもしれません。PNF(神経筋促通法)とは何か?

わかりやすく言えば「徒手で異常な運動機能を改善させる技術」になります。具体的には筋のストレッチ、運動抵抗、関節の牽引・圧縮などの操作により、運動機能を正常へ近づけます。

「PNF」は、1940年代後半にKabat、Knott、Vossらにより、米国で開発された理学療法の徒手的な治療技術であり、現在は、主に脳卒中のリハビリテーションの技術として各国で普及しています。

今から20年ほど前、日本でも有名なアスリートがトレーニングに取り入れ、パフォーマンスアップに成功したことで話題になりました。中島先生は、このPNFを歯科医療で応用できるようにした歯科医師。

中島先生が提唱する「歯科医療のためのPNF」を、顎関節症や総義歯、インプラント、嚥下障害、矯正治療などの難易度の高い症例にも応用することにより、生体の機能と調和した結果がだせるようになります。

しかも先生が今使用している治療技術を変えずに

その理由は、患者さんの口腔を正常な動き(本来の動き)に戻したうえで、適切な治療を施せるようになるから。先ほどもお伝えしましたが、中枢(脳)へアプローチし、口腔を正常な動きに導かなければ、どれだけ精巧な補綴物を作製できても、その効果は得られません。

しかし、中島先生の「歯科医療のためのPNF」を応用すれば、このような治療が可能になるかもしれません。

ステップ

  • 治療も技工も正確に行ったのに、咬みづらい等と言われ、
    補綴物を何度も作り直すことがある
  • 終りの見えない義歯の調整
  • 顎関節症治療で、患者さんに満足していただけるには?
  • 数年経過して、後戻りするような矯正治療を少なくするには?
  • 嚥下障害治療にも治療効果が期待できる
  • 今使っている治療技術を変えずに治療効果が得られる

義歯や顎関節症、インプラント、矯正、嚥下障害など、難易度の高い症例でも、「正しく治療したはずなのに、なぜか思うような結果にならない」という悩みにも効果が期待できます。

今回、このような目的から「歯科医療のためのPNF」を学べるセミナーを企画しました。講師は、中島榮一郎先生です。

中島 榮一郎先生
国内各大学はもとより海外の大学、専門学会での講義、講演多数。アジア各大学、UCLA, イリノイ大学、ハーバード大学などの他、2017年に世界でもっとも伝統のある矯正歯科専門学会の基調講演者として招待を受け、米国の専門医、教授など大学関係者に7時間の基調講演を行い、好評を得た。
経歴
1970年 日本大学歯学部卒業
1972年 東京医科歯科大学歯学部専攻生終了(矯正学)
1972 – 1974年 Drs. Galblum & Suyehiro orthodoutic office (米国ワシントンD.C.)
1974年 文京区湯島にて専門開業
2007年 台北医科大学臨床教授(歯科矯正学)
メディア
1978年 「歯科矯正はコンピュータで」朝日新聞夕刊
1979年 「歯の矯正はコンピュータで」婦人公論2月号
1979年 「どうしました?大人の歯列矯正」朝日新聞日曜版
1980年 ライフ特診室「虫歯を治してから矯正を」毎日ライフ
1980年 「歯並びが悪いとソンをする」婦人生活
1982年 「奥様なぜなぜ問答」 NTV 10月26日縲鰀10月30日
1993年 「和洋美人の秘密はルート2」日本経済新聞文化欄
1997年 「頭蓋骨No.1のナゾ」日本経済新聞文化欄
1997年 「頭蓋骨No.1のナゾ」読売新聞編集手帳
2009年 「東京わがままモーニング」2回、ラジオ日本
2013年 子供の可能性の扉を開く「歯の治療を受けながら英会話」 ミセス、文化出版局 
海外の主な講演
2008年 Singapore Dental Association / Singapore Gust Speaker < Incorporation of Proprioceptive Neuromuscular Facilitation in the field of orthodontics>
2009年 Harvard School of Dental Medicine; Graduate School / USA
2011年 Taipei Medical University School; Graduate School / Taiwan
2012年 Foundation for Modern (BIO)progressive Orthodontics / USA Inaugural Symposium (Guest Speaker)
2013年 Taiwan Academy of Pediatric Dentistry; 7 hours lecture / Taiwan
2014年 1/24Angle Association of Orthodontics; keynote-speaker(5hours) / USA
6/30, Tokyo Medical Dental University; Graduate School / Japan
7/28, Tokyo medical Dental University; Graduate School
8/7,APDSA; Guest-Speaker / Cambodia
8/8, The Young Dentist Association; Guest Speaker / Cambodia
2015年 8/1-4 Asian pacific Dental Student Association / Taipei Guest speech
2016年 6/7-12 University Illinois / USA Foundation for Modern (BIO) Progressive Orthodontics Guest lecture (8 hours)
2017年 8/1-3 Asian Pacific Dental Student Association Guest Speech / Hong Kong
2018年 3/19-20 The Faculty of Odonto-Stomatology University of health Sciences, Phnom Penh / Cambodia
8/5 ・The Faculty of Dentistry University of Malaya
・The Faculty of Dentistry National University of Malaysia
著書・共著・訳著
著書 著書

中島先生から歯科医療のためのPNFを学ぶべき3つの理由

理由1
20年以上前からPNFを学び歯科医療へ応用を続けた技術

中島先生は、矯正歯科の分野で非常に有名な歯科医師ですが、実は、早くからPNFを歯科医療へ応用してきた歯科医師としても有名です。

20年以上前から、PNFを日本で最初に導入された柳澤健先生(※)に、月に2~3回来院していただき、患者さんを治療してもらいながら、PNFの技術を学んできました。

※当時:東京都立保健科学大学理学療法科教授
現:城西国際大学福祉総合学部理学療法学科教授

理由2
歯科医療の限界を広げるような実績をだし続けている

中島先生は、20年以上、歯科医療でPNFを応用し続けてきました。その結果は目覚ましく、矯正治療では歯列だけではなく、身体の頚椎や姿勢も改善するなど、これまでの歯科医療の限界を広げるような実績をだし続けています。

歯列だけではなく、頸部の傾きが劇的に改善した症例
“歯列だけではなく、頸部の傾きが劇的に改善した症例”

理由3
PNFを初めて歯科医療に応用した
国内では数少ない歯科医師の一人

PNFは理学療法の分野です。そのため、歯科に応用しようとすれば、他分野の知識、技術をゼロから学ぶ必要があります。

しかし、中島先生は20年以上前からPNFを歯科に応用し、歯科医療のための技術として、そのノウハウを体系化してきました。つまり、中島先生のPNFは、歯科医師がすぐに日常臨床で使用できるのです。

先生方の明るい未来のために推薦させていただきます

土屋
今回「矯正に強くなる本」やクイントの「矯正Year Book」で有名な中島榮一郎先生を推薦させていただきます。中島先生は、ご紹介するまでもなく、矯正の神様的な存在であり、一時的な審美矯正ではなく、審美はもちろんのこと矯正治療をすることによって健康の維持・増進に繋がる、言わば矯正治療をすることによって健康になる治療をされています。

健康を意識しながら、矯正治療を円滑に進めていく中に必要不可欠な手技としてPNFがあります。本来、PNFは一般的な歯科治療をおこなう上でも重要な手技で、口腔内だけを診て診療していても解決できない不定愁訴などの治療にもとても役立ちます。

口腔内だけを診ている歯科医ではなく、全身からの健康を考えた歯科医になって、ホームドクターとして患者様の健康管理のできる歯科医になりましょう。日本の歯科応用の第一人者 中島榮一郎先生のPNFがkey point!

「先生方の明るい未来のために」推薦させていただきます。
日本橋土屋歯科医院 土屋 公義 先生

PNFの効果的な手技が実習セミナ-で学べます

多くの歯科医師にとって「PNF」は、初めての分野でしょう。だからこそ、今回のセミナーは「PNF」という言葉をはじめて聞いた先生でもわかるよう、その歴史や理論、メカニズムを基本からわかりやすく解説します。

その後、具体的な治療効果について症例を解説。最後に、歯科医師が応用しやすい頭頸部や表情筋に関連するPNFの技術を20以上、実演形式で解説いたします。まずは、実践しやすい手技から習得し、日常臨床へご活用ください。

内容の一部をご紹介すると…



実演!歯科PNFアカデミー
  • 咀嚼の仕組みとPNFとの関係とは?
    一見、歯科とは無縁に思えるPNFが、なぜ、歯科領域に関係するのか? その理由を、咀嚼の仕組みから詳しく学べます。
  • なぜ、PNFが重要なのか?
    それは、現在の歯科医療では、効果器入力サブシステムの治療が主で、咀嚼に欠かせない感覚入力サブシステムから中枢制御サブシステムへの働きかけが存在しないからです。つまり…
  • PNF(神経筋促痛法)とは?
    その歴史と効果を正しく理解すれば、先生も納得がいくでしょう。某有名選手がPNFを取り入れて好成績を収め、話題を呼んだ事実もあります。
  • PNFは、どのような歯科医療分野に使えるのか?
    ひとことで言えば「筋神経の反応」が関与するものすべてに、その効果が期待できますが、具体的にどのような分野で効果的なのか?
  • 本当の治療目標とは?
    技術的に補綴治療を行っても、矯正でどれだけ歯をキレイに並べても、あることを目標に掲げなければ、かえって機能しないことがあります。
  • PNFの定義について
    それは「主に筋紡錘などの固有受容器を刺激することにより、神経筋機構の反応を促通する方法」ですが、具体的に何をどうするのか?
  • PNFの治療原理
    神経疾患などの欠陥のある神経筋機構は、筋力の低下、協調不全、筋の短縮、関節可動域の制限などをもたらしますが、これをどのように改善するのか?
  • 運動を容易にさせる要因とは?
    それを「促通の要素」と言いますが、筋収縮力の増大、協調性の改善、柔軟性の改善に関与します。主に5つの方法をもって促通の要素は成り立ちます。
  • 矯正歯科、嚥下運動、TMDに効果的なPNF
    各治療の問題解決において、PNFがどのように役立つかが学べます。
  • 上下の前歯の中心がずれており、首が曲がっている症例
    PNFを応用しながら矯正治療をした結果、約6年で、驚くような改善が得られました。後戻りもなく予後は好調です。
  • 咬み合わせが安定せず、首や肩がこる症例
    肩甲骨、頭部、口腔周囲筋へのPNFと矯正治療をした結果、歯並びだけではなく、目で見てわかるほど身体の傾きも改善しました。
  • 開口時に顎が鳴る。顎が開きにくく前歯がかみ合わない症例
    下顎、頸部、口腔周囲筋へのPNFと矯正治療で、TMDの改善など、すばらしい結果が得られました。その効果の詳細を、レントゲン写真でもご確認いただけます。
  • 治療をはじめる前に、やっていただきたい3つのこと
    この3つへ適切に取り組むことで、これまでうまく行かなかった症例でも、すばらしい結果が得られるようになるのです。治療クオリティを飛躍的に伸ばす重要なポイントです。
  • 主訴の背景を知るために
    PNFを応用した歯科医療を提供するには、主訴だけではなく背景に注目することが重要です。具体的に、どのようなことに注目すればよいのか?
  • 耳鼻科との提携について
    最高の歯科治療を提供するには、他科との提携も重要です。特に耳鼻科との提携は重要ですが、どのような段取りで提携を進めるべきか?
  • 顔面筋および咀嚼筋へのPNF実演
    各筋の作用を詳しく解説したあと、実演映像を用いながら効果的な手技を解説します。
  • 口頭指示はとても重要
    PNFを正しく実践するには、手技を学び、実践するだけではなく、口頭指示がとても重要になります。わかりやすく言えば、患者さん自身に正しく筋肉を動かしてもらうための指示です。
  • すう眉筋へのPNF実演
    眉を下内方に引き寄せ、眉間に縦のシワを作る筋作用があります。短時間の手技なので、正しい方法を学べば誰でも実践できます。
  • 眼輪筋へのPNF実演
    眼瞼裂を閉じる(閉眼)作用を持った筋肉です。「目を閉じて! もっと閉じて!」という口頭指示を行います。
  • 上眼瞼拳筋へのPNF実演
    眼瞼裂を開く(開眼)作用を持った筋肉です。左右の2・3指を上眼瞼部に置き、上眼瞼拳筋をストレッチした後、指先で抵抗を加えます。詳しくは実演動画をご覧ください。
  • 鼻根筋へのPNF実演
    鼻腔を引き上げる作用をもった筋肉です。手技はシンプルですが口頭指示にはご注意ください。先生がこれまでに使用したことのない言葉を使うからです。
  • 笑筋・大頬骨筋へのPNF実演
    この筋の作用は、微笑むしぐさです。つまり、この筋肉は歯科治療において重要です。口頭指示はとてもシンプルなので、実演動画をじっくり見ながら習得しましょう。
  • 口輪筋へのPNF実演
    口裂を閉じ、口唇を前方へ尖らせる作用を持ちます。「唇を尖らせ口笛を吹くように!」という口頭指示が必要になります。
  • 上唇挙筋のPNF実演
    上口唇の拳上、外側への引き上げ、鼻孔の拡大、口角の拳上作用を持った筋肉です。口角を上げる治療で、非常に役立つPNFです。
  • 下唇下制筋のPNF実演
    下唇を引き下げ外側に引っ張る作用をもった筋肉です。顔貌が変わるので歯科治療において重要です。
  • オトガイ筋へのPNF実演
    下唇を持ち上げて突きだす作用、皮膚にしわを寄せる作用を持った筋です。やり方さえわかれば、それほど難しくないのでしっかりと実演動画をご覧ください。
  • 口角挙筋へのPNF実演
    口角を拳上する作用の筋肉ですが、患者さんのスマイルに強い影響をもたらすため重要です。
  • 口角下制筋へのPNF実演
    口角を下に引き下げる作用の筋肉です。口角を拳上するうえで重要な筋肉のため、歯科医療において重要な役割を果たします。
  • 頬筋へのPNF実演
    頬を圧縮して口唇の間から空気をだし、咀嚼時の補助をする作用の筋肉です。舌圧子を使用するので、実演動画でしっかりと学び、習得しましょう。嚥下や歯列不整、補綴の耐久性にも関係する筋肉です。
  • 咬筋・側頭筋へのPNF実演
    顎関節の動きに関係する、とても重要な筋肉です。顎を持ち上げ、歯を食いしばる(咬筋)、下顎の拳上、下顎を引いて食いしばる(側頭筋)の作用を持ちます。
  • 下舌骨筋・上舌骨筋へのPNF実演
    嚥下に大きく影響する筋肉なので、とても重要です。300~400グラムの力で施術することがポイントで、訪問介護でも使える手技です。
  • 舌内筋・オトガイ舌筋へのPNF実演
    歯科医療で重要な「舌の動き」に関係する筋肉へ、効果的にアプローチする方法とは?
  • 下顎骨の前方運動と後方運動へのPNF実演
    外側翼突筋と側頭筋、オトガイ舌骨筋を対象とした手技です。顎関節の機能不全の治療に役立つので、必ず覚えておきたい手技のひとつです。
  • 下顎骨の側方運動へのPNF実演
    咀嚼運動で重要な筋肉ですが、患者さんによっては片方だけしか動かない方もいます。この問題を解決するうえで、非常に効果的な手技です。

腕の良さと結果で選ばれ続けるクリニックへ

今後も先生は、新たな歯科治療技術を学び続けるはず。すべては、患者さんへより良い治療を提供するためですよね。しかし、今後、どれだけ新しい技術を学び続けても、顎口腔の機能を本来の動きに近づけたうえで、治療をしなければ本当の効果は得られません。

つまり、新たな技術習得に投資し続ける時間とお金がムダになる可能性がありますが、「歯科医療のためのPNF」があれば大丈夫。この手技をしっかりと使いこなせるようになれば、今使用している技術のままでも、より優れた結果が期待できます。

さらに、今後、新たに学ぶ技術についても、より優れた結果が期待できます。また、「歯科医療のためのPNF」を習得すれば、先生はこれまでに頭を抱えがちだった難症例でも、よりすばらしい結果がだせるように…

たとえば、顎関節症や義歯、インプラント、嚥下障害、矯正治療などで、「どうして治らないのか?」という悩みを解決する糸口になるかもしれません。顎関節症治療や総義歯は、ニーズが高いのに、それに満足している患者さんは多くありません。

ぜひ、今回のセミナーで「歯科医療のためのPNF」を学び、よりすばらしい結果を提供できるようになりませんか? そして、腕の良さと実績、患者満足度の高さで、他院よりも選ばれ続ける歯科医院を目指しませんか?

歯科医療に特化したPNFを学べる機会はめったにありません

ほとんどの歯科医師にとってPNFは聞きなれない言葉です。さらに、歯科医療に特化したPNFとなると、学べる機会はめったにありません。弊社独自のリサーチになりますが、PNFの実技映像を見ながら、歯科医療のためのPNFが学べるセミナーは、本作以外に見受けられません。

もし、先生が、「正しく治療できたはずなのに、思うような結果が得られない」という悩みを消し去りたいのであれば、今回のセミナーは受けておいて損はありません。

今お使いの技術を変えることなく、顎関節症や義歯、インプラント、嚥下障害、矯正治療などの難症例で、さらにすばらしい結果がだせるようになります。



実演!歯科PNFアカデミー
■ 場所
東京八重洲ホール 800会議室
東京八重洲ホール 902会議室

〒103-0027
東京都中央区日本橋3-4-13 新第一ビル

<アクセス>
JR東京駅 八重洲中央口 徒歩3分
■ 地図
■ タイムテーブル
09:30 開場(受付開始)
10:00 PNFの概要、症例解説
11:00 PNFの実習(前頭筋・眉・眼・口輪筋・頬)
12:00 昼食休憩 (お弁当をご用意します)
13:00 PNFの実習(舌・下顎骨)
14:00 実践的解決Q&A(事前に質問を持ってきていただく)・質疑応答
16:00 閉会
■ 持参するもの
タオル・動きやすい服装でお越しください
募集を終了しました。

※最少催行人数(4名)に達しなかった場合には、開催が中止となる場合がございます。万が一、中止となる場合の連絡は開講日の約1週間前に行います。また、受講料は全額ご返金させて頂きます。ただし、中止に伴うご不便、旅費や宿泊費等の費用、その他の個人的損害について、弊社では責任を負い兼ねます。恐れ入りますが、あらかじめご了承ください。

「セミナー前日までのキャンセルなら半額返金」

お申し込み頂いてから、もし、何かの都合でセミナーの前日までに参加できないことがわかれば、当社までお電話かメールでご連絡ください。受講料の半額を7日以内に返金させて頂きます。ただし、上記の期限を超えてのキャンセルまたは無断キャンセルの場合は、返金に応じられません。あらかじめご了承ください。